スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●展覧会「On bathing-水浴考」@国立近代美術館ギャラリー4

陽光の降りそそぐ牧歌的な自然の中で水浴を楽しむ健康的な肉体。
あるいは閉ざされた室内で、浴槽に身を浸すプライベートな情景。
川や湖や海浜といった屋外の水辺であれ、家の中の浴室であれ、
水浴する人物を表現した美術は多数存在します。

水浴図は、ヨーロッパ美術においては、ギリシア神話や聖書の物語に
由来する伝統的な主題のひとつでもありました。それは、水浴する場
面を見られる女性の裸体を描き出すことを定型としつつも、19世紀
以降の近代社会の推移や美術の展開とともに、その意味を変化させ
ていきます。

からだと水が触れ合うことから紡ぎ出される物語。そこには裸身に
対する官能的な欲望のみならず、人間と自然との関係や、生と死につなが
る根源的な主題が潜んでいるのではないでしょうか。この展覧会では、
現代美術にまで視野を広げ、当館所蔵の51点の作品を通して、
水浴図の豊かなバリエーションと今日的な意義を捉え直すことを試みます。
(東京国立近代美術館HPより転載)

小野竹喬展を見に近代美術館へ行ったのですが、小野巨匠は
流石に素晴らしく、人も思った程いなくてゆったり鑑賞。。。

巨匠↓
iono.jpeg

で、なにげにお茶でも。。。と館内をうろうろしてたら小さなギャラリーにて
企画展があったので覗いてみたら。。。これがけっこう良かった
のです。
on bathing3

入浴図。。。て言えば女性ヌードがやっぱ定番中の定番。
19世紀の印象派のマネ、ルノワール、ドガ、セザンヌ。。
全ての名だたる巨匠が描きまくってますね♪
で、そーゆー画伯達は敢えて無視(っていうか所蔵品には
無いのでしょう:笑)し、「水浴」というテーマで展示。
明治時代の深海竹太郎のブロンズの裸婦、橋口五葉の
新しい浮世絵としての裸婦等、まあ、そんなもんかな(おい)
ってな作品群や、何故、坂本繁二郎の馬が!?。。。あ、
波打ち際でバシャバシャやってるから水浴か(笑)
何故か苦心惨憺な学芸員の姿が目に浮かび(笑)

ピカソの「ラ・ガループの海水浴場」は、いかにもピカソ。
やっぱ「上手いなあ」と再確認。その画面処理と存在感。
他の誰も描けません。(全身芸術家ですね。彼の彫刻も凄いの
ですよ。改めて熱く語ります)

で、一番心つかまれたのが、現代の日本女性作家達。
half awake2

楢橋朝子の「half awake and half asleep」(2004年)シリーズ。
作者自体が海の中に浮かびながら水中カメラで「海」を
写してるだけの作品なんですが、画面の半分を占める
濁った海のネットリしたうねりとリズムにはっとさせられます。

half awake1

half awake3

「半醒、半睡」。。。モモタは泳げないので、この
鼻まで沈んだ海の視界は、恐怖で一杯ですね(あらま)
身体を海に任せる「官能」も分かりますが、「恐怖」の
方が勝っちゃうってな「もったいないヤツ」(笑)
この危うい板子すらない!生と死のバランスを切り取ったカメラ・アイは
鋭いです。
on-bathing2.jpg

それと、塩田千春の映像「Bathroom」(1999年)
狭いバスタブの中の若い女性(作者かな?)が、桶でバスタブの
水を頭からかけ続けるのですが、なんとその水は
火山灰のような真っ黒でサラサラした泥水。
奇麗にしようとすればする程どんどん汚れて行くのです。
普通の裸の女性が水浴びする図からはかなりかけ離れた
圧倒的な視線への拒絶。モノクロなんですが、この
汚泥が鮮血にも見えました。

あんまり、気になったんでネットで調べたら、彼女は
大阪出身でベルリン在住の新進気鋭の作家のようですね。
糸を使ったインスタレーションが得意。
ああ。。。凄い!

shiota2.jpg

目が覚めたら糸にがんじがらめ。。。無呼吸で突然起きた感じ?

shiota4.jpg
K-SHIOTA-03-s.jpg

やっぱ、血だ(笑)。。。ありゃりゃ。。。

K-SHIOTA-01.jpg


ああ、どれも会場は大阪じゃ!展覧会で見たいですねえ。
東京でもやってるのかな?

そしてこの風呂は遠藤利克「欲動ー近代・身体」(1997年)
on-bathing1.jpg

天然ゴムのでかい風呂は何か一見ピラミッドの中の棺桶の
跡のよう。そばに寄ると、凄く生臭い!!(ゴムだもんな)
中に水がチョロチョロ注がれてるのですが、浅く,半身浴
にもなんねえ!(笑)廃墟にある見捨てられた水槽のよう。
もう,存在が「よっしゃあ!ひとっ風呂浴びるか♪」
ってな世界とは真反対です。

なんだかキモ怖くて、恐る恐る覗くと情けない
顔した自分の顔がゆらゆら映ってました。

●美術館「立原道造記念館」「弥生美術館」「竹久夢二美術館」

100407_1149~0001
yayoi1.jpg

桜の満開の日曜日、谷根千(谷中・根津・千駄木界隈)を散策。
東大弥生門近くの「立原道造記念館」で近くの「弥生美術館」と
「竹久夢二美術館」の三館共通券(1.100円!)ゲットいたしました。

立原道造と言えば大正浪漫主義の甘~~い詩人くらいの知識しかなく(T^T)。。
なんと東大建築科で3年連続辰野賞(最優秀賞ですね)ってな将来
を嘱望されてた建築家でもあり、13歳から詩集を制作!
高校時代には出版、建築と詩作で才能を発揮するもなんと24歳で
肺結核で亡くなっちゃうんですよねえ。
記念館は道造の幼少期の市電キップのコレクションとか素敵なネクタイ
やアトリエの書斎(けっこう小さくてラブリ~~)懐中時計やら
旅に携えた藤製のバスケット(ありえないくらいかわゆい。。)
建築の図面や直筆の詩の原稿。。。じっくり見てしまいます。
純粋無垢で浪漫チックで夢見がちな天才肌の美少年には
そうです!!美少女との叶わぬ恋が無いといけません。

で、この方(水戸部アサイ。ひょえ~~!!かわいい♪)の登場

asai.jpeg
深く愛し合うのですが、清いままだったらしく(オバはんと
してはそんな阿呆な!と思いますが、それは多分骨の髄まで
真っ黒な心なんですね:笑)、盛岡や長崎に療養して
東京に戻って短くも手厚い看護をアサイちゃんから受けて
亡くなったとか。

亡くなる寸前に「第一回中原中也賞受賞」し、見舞いに訪れた
友人に「五月のそよ風をゼリーにして持って来てください」
と願ったとか。そよ風をゼリーにだぜ!何たる甘さ!!
甘酸っぱ過ぎる~~~!!(←結構好き?:爆)

これはたまりませんですよ。元乙女としては(←かなり好き?)

晩年に構想してた「ヒヤシンスハウス」(もう、道造ワールド
全開のネーミングですわねえ)はアサイちゃんと出会う前だった
ので彼自身の一人用の住宅で結局生前は建つ事が無かったんですが
なんと2004年にさいたま市の別所沼公園内に建設されてる
とか!一般公開されてるんで行かないといけません。
hiyasinsu.jpg


雨戸を閉めて寝た翌日。隙間から漏れる十字の光。。。
ああ、誰かロマンチック止めてください!(笑)
素敵過ぎ♥

hiyashinsu1.jpeg

ちょっと見、建築家のル・コルビジェのお母さんに建てた「小さい家」
とかカップ・マルタンの海岸にある終の住処「休憩小屋」に似てますね。
「小さい家」外観

chiisai.jpeg

「休憩小屋」内部

kyukeikoya.jpeg

多分、道造は同世代に活躍したコルビジェに影響を受けたのでしょう。
大プロジェクトを次々こなした大建築家の晩年のプライベート空間と
早熟な天才の早過ぎる晩年のリンクにしばし思いを馳せました。
けっこうな時間を使って「立原道造」を初体験(笑)

その足で近くの「弥生美術館」と隣接してる「竹久夢二美術館」
へ。夢二は大正浪漫主義の大スターですので、勿論良く
知ってましたが、それ以外の人はあまり知らず。。。。
中に入ってみると、明治末期から昭和10年までの挿絵がいっぱい!
この界隈は昔から作家や挿絵作家が沢山住んでたそうで、
特に「高畠華宵」と「竹久夢二」が有名だったとか。
kasyou1.jpg

で、何がびっくらこいたかと言うと、「華宵先生ラブ♪」の
ファンレターの数々。。。。もう、先生命!先生萌え!先生抱いて!
(違うか:笑)の大正浪漫少女達の熱き情熱のほとばしりに釘付け!です。
当時はTVもネットも無いわけで、少女雑誌が唯一の憧れの
対象だったようで、華宵ファッションやグッズ(最初にイラストを載せた
レターセットを発売&大ヒット!ええ商売や:笑)で大成功。
なんと「挿絵御殿」建てちゃったそうな。。

まあ、このノリはそのまま宝塚や少女漫画やジャニーズやヨンさまへと
形は変われど同じ萌え文化(鬱屈した性衝動ですが:笑)に繋がってるん
ですよね。モモタのばあちゃん(100歳!)世代とも全く違わないDNA
。。。恐るべし!ですわ。

華宵先生の影響は後の丸尾末広、花輪和一等の漫画家へとつながり。。。
モモタも自分のイラストの多くの部分を実は華宵センセが占めてる!?
ってな思いに至り、ちょっと愕然。好きなタイプじゃないのに。。。
でも脈々と感じるのです。同じ匂いが。

「竹久夢二美術館」は有名な大作はあまり無く(岡山の「夢二郷土美術館」
の方のが充実してましたね)残念でしたが、やはり夢二の画力、センス
や存在感は抜群で、時代を超えた現代性を感じましたね。
今でも新しい。

しっかしこの爛熟した文化の次にあの殺伐とした時代が来るとは
想像出来ませんね。。。。

この3館巡りは青春の甘酸っぱさを思い出させてくれるお得な
コースでございます。

●トークイベント「ゲイから学ぶ、二人で生きるための技術」@新宿ジュンク堂

utagua.jpg


ゲイから学ぶ、二人で生きるための技術

■2010年2月27日(土) 17:30受付開始 18:00開演~20:00(予定)

「二人」の関係作りに悩む、すべての人に。
『二人で生きる技術』著者であり、パートナーシップを追求、実践し続けてきた
大塚隆史さんと、
人気漫画ブログ「♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です」著者の歌川泰司さんが語ります。
司会はカップルコンサルタント・西郷理恵子さん。
「男と女」のカップルの関係にもあてはまる
二人が一緒にいるために必要な「技術」を聞きます。

◆講師紹介
大塚隆史(おおつか・たかし)
1982年、バー『タックスノット』を新宿に開店。現在に至るまで多くのゲイやレ
ズビアンの相談相手として幅広い支持を得ている。著書に『二丁目からウロ
コ』(翔泳社)。新刊『二人で生きる技術』(ポット出版)では、自ら試行錯誤
してきた経験を基に、関係作りに関する様々な技術を説く。

歌川泰司(うたがわ・たいじ)
1966年生まれ。元・「ALL About」同性愛ガイド。
パートナーとの日々をブログ「【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です」で連載中。
2月26日には同ブログでの連載をまとめた単行本『じりラブ』(集英社)が発行される。

西郷理恵子(さいごう・りえこ)
1980年生まれ。カップルコンサルタント。「All About」恋愛ガイド。
WEBや雑誌にて、既婚・未婚カップルの心と体の悩みに、アドバイスを与える。
(ジュンク堂HPより転載)

モモタのiMacの一番最初にブックマークしてる一日10万人ヒットの
人気ブログ「♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です」の作者、うたぐわさん
こと歌川泰司さんの参加するトークイベントに行って参りました。

ちょくちょくジュンク堂のトークイベントはチェックしてるんですが
行きたいのはいつもあっと言う間に満員状態(T^T)。たまたま告知
初日だったからラッキー!今回は運良く席ゲット♪

会場は40席の大半は女性と、ゲイの皆様。それに男女のカップルが
チラホラ。。。
なんと NHKや同時ツイッター(?)の撮影、録音も。
もしかしたらモモタの後ろ姿も写ってるかも。

うたぐわさんの敬愛する造形作家でゲイバー「タックス・ノット」の
マスターの大塚さんという存在を初めて知りましたが、穏やかで
オトナで右耳のピアスと刺繍が一杯のシャツがラブリー(笑)
司会進行の西郷さんはこれまた美人でキュートで頭の回転が早く、
ブログ通りでノリのいい、うたぐわさんとのコラボは楽しい空間に。

うたぐわさん曰く「自分の人生は『大塚以前』と『大塚以後』に
別れているんですよ。人生ががらりと変わりました。人生の師ですね。
大塚さんが吉田松陰なら僕は高杉晋作!!刑死した松陰にすがり
おいおい泣くんですよ」(笑)ってな感じでトークは進み、
お互いの出会いやうたぐわさんのパートナーのツレちゃんとの
馴れ初めやら「あ、ここは録音止めて下さい!」的な暴露発言まで
笑いっぱなし。
。。。ところが、45分過ぎた頃からカップルコンサルタントで
ある西郷さんが自身の離婚の話を語り始めたとこから、一気に
大塚&うたぐわ姉妹が聞き役に(笑)いや、会場全体がゲイバーの
お客でマスターと常連客の人生相談を耳ダンボ状態で聞き耳
立ててるってのがピッタシ!

そして1時間過ぎたあたりに会場からの質疑応答コーナーに
かわったとたん。。。凄いことに。。

Q:「父は、愛人だった自分の母親の方を選んだんですが、相手の家族
のことを考えると一夫一婦制でなく、両方の家庭を持つってことも
ありではないでしょうか?」
A:「奥さん同士も上手く付き合うならいいでしょうが、なかなか難しい
問題ですよね」

Q:「私はレズビアンなんですが、付き合いは全て身体から入ってしまい、
はっと気づくとそれっきり。。。ばかり。長く付き合っていくことが
できないんです」
A:「その状態に疑問を感じ始めたことこそが、まず第一歩」

Q:「僕は、まだ自分の理想と現実が一致しなくて。。。付き合う以前の
段階なんです」
A:「どんどん恋愛していくことでも理想の自分に近づける一つの手段かも」

Q:「パートナーが死別したらどうやって生きていったらいいのか心配」
A:「しばらくは辛いけど、時間が解決し、次に行くわよ!(笑)」

などなど、見た目はフツーの人たちの波瀾万丈ぶり(微笑ましいのもあり
:笑)

そしてその質問(って言うより,相談:笑)に対する松陰&晋作
姉妹のお答えは、コミュニケーション論としても素晴らしく、
歳ばっかり食ってるモモタも、なるほどね~~と、納得する
良いものばかりでした。

離婚問題が勃発中の女性へのアドバイスは「離婚もたださっさと別れる
だけじゃダメ。別れるにも話し合い、理解し合わないといけない。
それは次の出会いの基礎になる」
。。。などなど。

一つ知らなかった事は、ゲイやビアン達は、刹那的セックスばかりが
主で、長く続く事自体が「奇跡」だったけど、大塚さんあたりから
長くパートナーとして「ほぼ夫婦」状態を志向するカップルが出始めた
とのこと。
男女のカップルでも「結婚」という制度が無いと,同じかもしれませんね。
まあ、子供と言う存在も大きな問題となりますが。

若い人たちの「セックス絶対主義」(セックスをしなくなる関係を異常に
怖がってる)に対しても、「あら、パートナーはセックスしなくなって
からが本番よ。そこになるまでにいかに『積み上げてる関係』が
出来てるかでしょ」
はい、それは銀婚式をとっくに過ぎたモモタも良く分かります(爆)

ゲイだから云々と言うより、人間として尊敬できる姉妹です(笑)
なんだかとても心地いい空間でした。

イベント終了後は、姉妹の本のサイン会!!
モモタは最初、うたぐわさんの本のみ購入しようと思ってたけど、
一気に大塚松陰さんのファン♪にもなっちゃったんで、「二人で
生きる技術」もお買い上げ。
だって「本日両方の本を購入の方はうたぐわ特製の『二人で生きる
ケーキ』(ラベル作成は大塚さん)を差し上げます♪」
ってなうたぐわさんの美味しそうな煽りことばに乗っちゃいました。

utagua3.jpg
「キャラ描きますよ!」「ツレちゃんお願いします!」

utagua4.jpg
読ませていただきます♪

utagua2.jpg
甘さを押さえた美味しいケーキでしたよ♪
天使と悪魔のドッキングだそうで(笑)

ちなみに、うたぐわさんは絵師歌川広重の、西郷さんは西郷隆盛の弟、
西郷従道の子孫ってなお話です(違う?:笑)

3月5日追記。
なんと、うたぐわさんから「じりラブ」をブログで紹介したお礼のメールと
邪悪な女子連合特別女子工作員認定証を頂きました!
ほんまにマメなおねえさんですなあ♪

JJ.jpg

●イベント「湯フェスvol.5@千代の湯」●展覧会「上田暁子ー内庭の無限」@ギャラリー・ビー・トウキョウ

ネットでめっけた東急東横線の学芸大前にある「千代の湯」にて
「湯フェス」と言うイベントに行って来ました。

湯フェスって何さ!?ってなもんでしょうが。。。
モモタも分かりません(おい)チラシに寄ると。。

「銭湯の定休日を利用して、ある
いは銭湯のリニューアルを記念して銭湯空間で行われるイベントです。
イベントの主旨は『近年激減してる銭湯の活性化を目指し、イベントを
通じて銭湯に親しみと親近感を持って頂くと同時に,広い銭湯空間
での様々なライブやワークショップ等を楽しんで頂く』というものです。
第五回目となる今回は、千代の湯のリニューアルを記念して開催
されます」



で、そのイベントは銭湯の激減とともに現在たった二人しかいない
ペンキ絵師による男湯、女湯に別れて同時に行う「富士山ペンキ絵」
のライブペンティング!!
これは面白そうですねえ~~♪

到着したのが開場5分過ぎ。。。いやはや凄まじい人の群れでして、外まで
はみ出てて、老若男女がぎっしり!ええ、服着た人がまるで満員電車
のごとく押し合いへし合い状態。
どうにか、女湯の方に紛れ込みましたが、イベント開始まで
1時間待ちとのこと。この後、銀座で画廊巡りしようと思ってたんですが。。。
仕方無いのでじっと待ってました。

100116_1456~0001

左から丸山清人巨匠、中島盛夫巨匠、若い女性のお弟子さん。

そして、このイベントには庶民文化研究家の町田忍氏の実況解説付き(笑)
なんと男湯と女湯を仕切る壁の上に乗ってマイク片手に蘊蓄爆発でした!!

chyonoyu3-1.jpg

やっとこ始まったライブペインティングは、女湯側の丸山清人巨匠(76)のテンポが
ゆったりなのとお人柄&画風が極めてオーソドック。

100116_1520~0002

コロコロローラーを塗りたくってると、隣の男湯の中島盛夫巨匠(66)の
激しく早いパフォーマンスにどよめく観衆の声が聞こえ。。。ああ!見たい!!
的なモゾモゾ感が(笑)

chiyonoyu.jpg

一時間程経過したら丸山巨匠は一服。。。そうですよねえ。。。いつもとは
違いかなりの観衆に見つめられての制作はかなり疲れますよねえ。
モモタには絶対出来ないシチュエーションですわ。
。。。おまけに時間切れ。後ろ髪引かれつつも会場を後に。ついでに
男湯覗くと。。。げ!!全然違うアグレッシブな「赤富士が!!」

100116_1535~0001

最後まで見れなかったのは残念でしたが、なかなか普通は見れない
もの見れて感激。ちなみにペンキは普通のペンキとのこと。
まあ、基本は油絵と同じ感じなんでしょうね。色は三原色と黒と白
のみ!!それを混ぜ合わせて使うとか。殆ど下絵を描かずにサラサラ
(クルクル?:笑)描いて行くのは流石職人芸ですね。

いずれまた、今度は風呂に入りに来ようか。。。と、思ってます。
正しい「銭湯の使用法」ですね(笑)

●上田暁子個展「内庭の無限」@ギャラリー・ビー・トウキョウ
mugen.jpeg

16日までの個展なので,閉廊近くに京橋のギャラリーへ飛び込む。
上田さんはいくつもの賞を取る、新進気鋭の若手作家とのこと。

白を多用した輪郭のあやふやな光と「私」たち。内庭からゾロゾロ出て来る。
幻想的で「激しい」のだけどふわふわした自意識は、武蔵美出の作家に共通?
というより、若者の共通する生理なのかなあ。。。と。
花の表現がいい。
sekaiha.jpeg

●展覧会「束芋ー断面の世代」展@横浜美術館

tabaimo-1.jpg
個性的なインスタレーション「日本の台所」「日本の通勤快速」
「公衆便女」等、日本の現代芸術を引っ張ってる若手作家、
束芋の展覧会。
卒論で作ったアニメーション「日本の台所」で、第一回横浜トリエンナーレ
でデビュー以来10年。今回は新作大型インスタレーション5作を発表。

横浜にたまたま出かけて見つけた展覧会。初日でラッキーでした。
ブースは大きく3つに別れ、最初は朝日新聞の連載小説
吉田修一「惡人」の挿絵を元にした巻物。
内蔵、指、髪の毛、肉体が絡み合い独特な世界が繰り広げられて
ます。意味があるような,無いような、「無機的な粘液感」が
特徴。筆のタッチは迷いが無く、ふつふつと湧き出るモノを
そのまま描いてるのでしょうね。
主人公の女性をイメージしたアニメは、どことなく作家の鴻池朋子
のアニメと共通項を感じます。

次のブースは「団断」という日本の典型的団地の内部アニメーションを
立体的にしたインスタレーション。
作者の視点は外からは全く無個性な団地を縦横から包丁を入れ
スキャンして行きます。中に蠢くのは魑魅魍魎の住民達。
トイレで顔を洗い続ける主婦や洗濯機の中で回り続けながら
携帯メールを続ける女性。。。
壊れているけど、全く違和感無いのですよね。それって実は
とても怖いことなのだけど。
不気味で単調なBGMと広重を思わせる浮世絵調の彩色が
マッチしてて、これまた見入ってしまいます。

3つ目のブースは花や、波や、巨大な筋肉内蔵男(何だ?:笑)
のインスタレーション。部屋の真ん中に立つと泡のアニメに
自分が包まれていったりで、不思議空間に誘われます。

作品の形態上、入り口から出口まで暗幕の中で展示して
まして、真っ暗。何やら体内に潜って行くよう。束芋の脳内&内蔵
トラベリングですわ。
ただ、良くありがちの女性性の自我のキツさや、グロさは全く無く、
ここまで粘液質的に描写するのに「性的な部分」を
感じさせないのが非常に不思議ですね。
類い稀な作家です。

美術館のエントランスの壁にも映像が流れてて、団地の中身が
次々落下します。普通に存在するタンスやベッドや洋服や電灯
などが、「枠」である団地が無いと確かに落下しか無い(笑)
。。。当たり前と思ってる「枠」は実はとても不確かな存在
である恐怖ですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。