スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●映画「リミット」(4.2点)

limit3.jpg
イラクで突然襲われた米国人トラック運転手ポール・コンロイ。
彼が目を覚ますと、そこは、土の重さがのしかかる閉ざされた
箱の中だった。
残り90分の酸素しか無い閉ざされた場所、手元にあるのは、
充電切れ間近の見慣れない携帯電話。
そして毎秒ごとに迫り来る死・・・。果たして彼はそこから
脱出出来るのか?そして彼がそこに埋められた目的は?
主演、ポールを演じるのは「ヴルヴァリン:X-MEN ZERO」で
成長著しい若手注目株ライアン・レイノルズ。
この演じるのに困難なワン・シチュエーションの中で、苦悩、パニック
絶望、冷静さ、諦め、怒り、恐怖、希望、悲しみ,痛みの全てを
表現し,観客をスクリーンに釘付けにしてる(公式HPより抜粋)


映画を見終わった後、しばらく放心状態(笑)
久しぶりの,見てる方も最初から最後まで肩に力入りまくり&緊張感&圧迫感
で息も絶え絶え映画でしたっ。つ、疲れましたです(T^T)

なんとこの映画、主人公のポールが棺桶の中で90分悪戦苦闘する「だけ」の
ワンシチュエーションのみ!!!えらく制作費安いだろ~~な~~

発想の素晴らしさと、実際、もし自分がこのシチュエーションになったら
するであろう行動(パニくる!叫ぶ!やや落ち着く。。。周囲を探る
ジッポめっけ!拘束を取る。。。携帯が鳴る!!??え?どこ?
何でアラビア文字の携帯が?って思いつつも助けの電話をかける。。。等)
が非常にリアルでいつの間にか、一緒になってこっちも息止めてる(爆)
こりゃ、苦しいわけだ。

で、こーゆー時は妻とか親しい人は能天気な留守電(マーフィーの法則:笑)で
繋がらなかったり、会社や警察やFBIのたらい回しや、責任回避やら、
犯人からの身代金請求(どうしろってんだ?!)。。。招かれざる珍客とか。。
もう、笑っちゃいけないけど、実際こうだろうな、と、思わせる展開。
ブラックジョークのてんこ盛り。

limit1.jpg

非常にシンプルな映画なのに、監督の発想力と、脚本の力と、この主人公役
のライアン君の演技力の凄さで、一級の反戦映画になってます。
全くのドンパチ無し(爆撃の音はあるけど:笑)。
うすぼんやりとした棺桶の中のみだけで。

limit2.jpeg
↑ちなみにライアン・レイノルズ君って、こんなにイケメン(あの
スカーレット・ヨハンソンの旦那さま!ライアンが羨ましい。。。って
違うか:笑)だったのね。いかんせん、90分寝たまま&目をひんむいてて
パニックでボロボロでしたから。どうも身長も190センチ近いみたいですが、
それも全く分からないしね。

監督は、ロドリゴ・コロテス。スペイン映画ってとこも凄いかも。

●追記
ただ今、ともりんさまから「画像がヒューさまになってるぞ」
とのご指摘が。。。

本物ライアンさま↓と、奥様スカーレット・ヨハンソンさま。
た、確かに(汗)。。。。申し訳ないです。ともりんさんサンキュです♪

RyanReynolds01.jpg
ScarlettJohansson01.jpg

●映画「インセプション」(3.6点)

inception4.jpg
ダークナイト』の気鋭の映像作家、クリストファー・ノーラン監督が
オリジナル脚本で挑む、想像を超えた次世代アクション・エンター
テインメント大作。
人の夢の世界にまで入り込み、他人のアイデアを盗むという高度な
技術を持つ企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描く。
主役を務めるのは『シャッター アイランド』のレオナルド・ディカプリオ。
物語のキーマンとなる重要な役どころを『ラスト サムライ』の
渡辺謙が好演する。斬新なストーリー展開と、ノーラン監督特有の
スタイリッシュな映像世界に引き込まれる。

コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、
その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことの
できる優秀な人材だった。彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を
誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまう。そんなある日、
コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込む。
(シネマトゥデイより転載)
inception2.jpg

この暑い中新宿はピカデリーで見て参りました(笑)
凄まじい人気と映画館に涼を求める観客で席が取れず、なんと、
久しぶりの「吹き替え版」!!
でも何で小学生には難解であろうこの映画に「吹き替え版」
があるんだろう???って思ってましたが見て納得。
なんせ冒頭から飛ばしまくり、説明無し、夢落ちに
継ぐ夢落ちの連続で、一気に観客を置いてけぼりに(T^T)
字幕追ってたらもうひっちゃかめっちゃかになるかも(泣)
大人用の吹き替え???(違う?:笑)

途中からいくつかのルールにのとって見ればOKって分かるん
ですが、そこもウザい(←おい)inception1.jpg

何しろ、命賭けてやるミッションが一言で言えば「ライバル
会社の御曹司が会社を引き継ぐのを止めさせる」ってな
セコい話で、どうしても感情移入出来ないし、レオさま
役のコブと奥さんとの関係も面倒だな~~。。。ってな
感じでして、どうもこの映画と相性が悪かったのか、
ドンパチシーン途中でモモタも夢の中にin(爆)
語る資格無し?(T^T)

ただ、TVのCMスポットでも流れてる街が内側に曲がって来る
シーンや無重力でのアクションシーンの発想や斬新さは
素晴らしいです!!そこだけ見てたい位です(笑)そして
ラストシーンはかなり意味深で、解釈が分かれるでしょうね。

好きな人は好きでしょうが、どうも莫大なお金で作ったもったい
ぶった作品ってな気がします。

まあ、謙さんの英語の台詞を謙さん自身が吹き替えてるんで
違和感無かったのが良かったかな(←そこか!)

エレン・ペイジは、あの高校生の妊娠出産騒動映画「ジュノ」とか、
モモタがめちゃくちゃ気に入ってるB級変態映画「ハードキャンディ」
(とてつもなく低予算映画:笑。30代男性にクラブでナンパされ
お持ち帰りされた14歳エレンちゃん!危うし!!!から一転、男性君
意識なくなり目が覚めたら全裸で縛り上げられてた!!!!
危うし男性君!!!!????ってな恐ろしいお話で、
ほとんど2人劇。これがまた心理戦で凄い。お勧めです)
のあの娘だ!!!と、気づいてその成長振りと活躍ぶりに嬉しく
なりましたね。
それと、ジョセフ・ゴードン・レビット君はこれまたモモタ大好きな
「(500)日のサマー」
のサマーちゃんにめちゃくちゃ翻弄された
主人公君ですし♪彼は因みに「リバー・ランズ・スルー・イット」で
デビューだそうで、ブラピの子供時代をやったのかしらん?
かなりの芸歴なのね、これまたびっくりです。
決してハンサムでないのに二枚目ですな。

●「D杯なり隊」7月1回目ギンレイホール&ジュンク堂トークイベント

恒例の奥さんHと組んでる「D杯(カップ)なり隊」で、ギンレイホール
にて「抱擁のかけら」と「ニューヨーク、アイラブユー」鑑賞。

●映画「抱擁のかけら」(3.9点)
001.jpg
盲目の脚本家のハリー・ケインは新聞記事で実業家のエルネストが亡くなった事を知る。その後、エルネストの息子がハリーを訪ね、自分の監督作の脚本をハリーに依頼。それをきっかけに、ハリーは封印していた過去に向き合う。今から14年前、失明する前のハリーは、新進監督マテオとして活躍していた。ある日、マテオはオーディションにやってきた美しい女性レナに心奪われる。しかし、レナは実業家エルネストの愛人だった。。。(goo映画より転載)

ペドロ・アルモドバル監督らしい、親子や家族の葛藤やエグい色彩やフェチズムの
オンパレード。それに負けないペネロペ・クルスの美貌と存在感は圧倒的です。
って言うか、これはペネロペの為の映画ですけどね(笑)
houyou2.jpg

彼女の存在が,男達を狂わせ物語が複雑になって行きます。
ノンケなモモタですが、女性から見ても惹きこまれてしまう容貌。
彼女の為なら人生を台無しにしてもいい♪♪ってな輩多そう。。。
(そこ、某トム君、某マシュー君、某ハビエル君のお顔思い出さない
ように!:笑)
tom.jpeg

意味ないです。

houyou6.jpeg

別に、意味ないです。

houyou7.jpeg

全く、意味ないです(笑)。。。が、3人のなかではダントツに
彼が好みかも♪(え?どうでもいいか:笑)

houyou1.jpg

さすが、手練のアルモドバル監督、ファースト(セックス)シーンにて
この脚本家のハリーがいかに女性にモテるし、手が早い目の不自由な
男性かを見せ、観客の心つかみ、ストーリーに誘導します。
親切にも横断歩道でまごつくハリーの手を取って渡らせてあげた
若くて奇麗で心美しい女性は、ハっと気づくとベッドの中(笑)
素晴らしい(爆)

ただ、このハリーも、後から出て来る大富豪のエルネストも
あまり「男性的な」魅力を感じないのは何故かなあ。。。ペネちゃんが
夢中になるにはちょっと役不足な感じします(まあ、大富豪は圧倒的な
金の力ですが:笑)。。。いいのか、どうせ男性陣はペネロペの
引き立て役だもん。それと、彼女は、監督のバービー人形。好き勝手に
いいように着せ替えさせられてます(笑)
002.jpg

前半の謎解き、後半の二人の愛の逃避行、劇中劇(これは
いかにもアルモドバル・ゲイ・テイスト・カラー満載!!)全てが相
まって、なかなか切なく素敵な物語になってます。

原題の「 Los Abrazos Rotos」は、「引き裂かれた抱擁」という意味らしい
。。。。これはけっこう邦題の方がいいかも。

●映画「ニューヨーク、アイラブユー」(3.7点)
ny1.jpg

一枚上手の相手の登場に調子を狂わされるスリの青年、ダイヤモンド街で
商人に打ち明け話をする挙式を控えた若いユダヤ女性、引きこもりの作曲家、
プロムに胸をときめかせる高校生、行きずりの関係にのめり込む男女、
思い出のホテルを尋ねる元オペラ歌手、街角で口説き文句を披露する作家、
最後のミューズを追い求める老画家…。
そして、街の至る所でカメラを回し続けるビデオアーティストが彼ら
の姿を捉えていた。

『愛より強く』のファティ・アキン、『鬼が来た!』のチアン・ウエン、
『フレンチなしあわせのみつけ方』のイヴァン・アタルら世界各国から
集まった気鋭の監督11人がニューヨークで生まれる愛ある瞬間を映し出す。
06年の『パリ、ジュテーム』を企画したエマニュエル・ベンビイの製作で
、日本からは岩井俊二がオーランド・ブルームを主演に参加し、人気女優
ナタリー・ポートマンは出演だけでなく、監督としても詩情豊かなシーン
を提供している。08年に急逝したアンソニー・ミンゲラの遺作となった
脚本を引き継いだシェカール・カプールによるジュリー・クリスティと
シャイア・ラブーフをフィーチャーした一編が美しい。
(goo映画HPより転載)

11人もの監督による、ニューヨークが舞台の恋愛映画オムニパスですな。
一編一編が小洒落てて、いいのですが、ちょっと散漫かな。。。。
素敵な話あるのにうつらうつらしてしまったのが残念です。
「パリ、ジュテーム」や「ショート・カッツ」のような感じで
沢山の登場人物とエピソードが入ってます。
昔読んだピート・ハミルの「ニューヨークスケッチブック」みたい
ですね。

心に残るのは、故アンソニー・ミンゲラが脚本を書いた、
古いホテルの一室での元オペラ歌手と足の悪いボーイのエピソード
が、非常に美しい。
ny2.jpg

まるでヴィルヘルム・ハンマースホイの
一幅の絵画を見てるような「静謐と不思議な世界」です。
こんな感じ♪

hammershoi.jpg
夢とうつつ、過去と今の交錯。味わい深い作品です。
できればこの作品のみ1時間半の作品として見てみたいですね。

それと、もうひとつ、高校時代最後の卒業記念パーティの
プロムの話も好きかな。
ny3.jpg

目一杯おしゃれして、大人ぶって、迎えるプロムパーティは
日本に無いから、めっちゃ羨ましいですねえ。そして,アメリ
カではプロムでの相手無し!!!ってのがどんなに悲惨かってのが
伝わって来て、オモロいです。
この主人公の男の子のジェットコースターのような一晩は、オチが
しゃれてて二重マル♪
これも1時間半もので作って欲しい(笑:モモタは「映画は1時間半
がベスト!」教の信者です)

少女と黒人の保育士(実は。。。)、やお爺ちゃんとお婆ちゃんカップル
の話も心がホワホワしますね。

岩井君の作品は。。。忘れた(←おい!!:笑)

どのエピソードが好きかで色々話せそう。

以下次回につづく。(長い一日でしたわ)

●映画「告白」(4.4点)

kokuhaku2.jpg
1年B組の終業式後のホームルーム。
学級崩壊しているクラスは誰一人として女教師・森口悠子の話を
聞かずに勝手なことをしている。淡々と話す森口は最後に「私の
娘はこのクラスの生徒2人に殺されたのです。。。」と衝撃の告白を
始める。凍り付く教室。ここから森口の「命の授業」が始まった。。。


原作の「告白」は随分前に読んで感想書いてますので、衝撃のオープニング
からラストまで話を知ってるのに、なんと、ファーストシーンから釘付け!!
でした。
最初の数分で、この教室の救い様の無い程の学級崩壊が一気に分かる
場面構成。細かなコマ割りと、スローモーションや象徴的なショットを
ケレン味たっぷりにこれでもかこれでもか!とたたみかけその映像の
比類無き「美しさ」で、まず、ストーリーに引っ張り込まれますね。

生徒が聞こうが聞くまいが淡々と淡々と語る森口の冷徹さ。
13歳という無邪気な衣を着た生徒達の「リアルでしたたかな邪悪さ」
にも脱帽。
何より全体を通しての「青を基調とした画面」の冷たいプールの
底の息苦しさと怖さがジワジワときます。まあ、そこにも「意味」がある
のですが。
非常に、非常に画面がクールでスタイリッシュで美しい。
kokuhaku1.jpg

殺伐とした話だし、教師が私怨で、まだ子供である生徒に復讐するってな
展開に嫌悪感を抱く人も多いでしょうが、この映画の内包するテーマはもっと
複雑で深く、最後には森口の「告白」と行動は究極の「教育」であることに
気づかされハッとします。

森口役の松たか子のシングルマザー、Bの母役の木村佳乃の鬼気迫る過保護母
(も~~かなりイっちゃってます!怪演!)、Aの教育放棄母(これも
多いなあ。。。)、今の世の中、母である事の生き辛さと閉塞感
を感じます。増して、彼女達に育てられてる「子供達ち」の息苦しさたるや。。。

陰々滅々でスプラッタでホラーな話(笑)ですが、後味が素晴らしく、映画として
成功してます。今、見るべき一本♪

●映画「17歳の肖像」(4.0点)

aneducation_main.jpg
1961年のロンドン郊外。16歳のジェニー(キャリー・マリガン)は
オックスフォード大を目指す優等生で、毎日勉強とチェロの練習
(それも進学に有利だから!!)に明け暮れる退屈な日々。

ある日、チェロの練習の後、雨にずぶ濡れになって
るとこに30代の魅力的な「大人」の男性デイビッド
(ピーター・サースガード)に声をかけられ、恋に落ちる。

初めてのナイトクラブや音楽会やドッグレースやオークション。。。
眩いばかりの大人の世界に引き込まれ魅了された彼女は。。。

education.jpg

1961年と言えば、まだビートルズ前夜。
そのイギリスの家庭の倹しくもきちんとした生活ぶりが、なんか
懐かしく感じますね。それとどこの国よりも階級社会の厳しいって
こともミソ。なんせこの生活から抜け出すには「より良い大学に入り、
より良い階級の人と結婚して金持ちに♪」ってなも~~身も蓋もない目標を
掲げ、実践する姿。(ああ、日本も何だかんだとそのまんまだしなあ。
子供に受験勉強させるモチベーションの一つに言いがちですわ。
1b67e93d.jpg

と、胸に手を当て反省モード。。。いや「金は邪魔にならん」しな(笑)
目標の一つか←おい!)全世界的な隠れた本音の部分です。

このジェニーがキュート。オックスホード目指す知性と、ハイティーンらしい
つっぱり(喫煙、制服を崩して着る、夜な夜なグレコのシャンソンのレコード
をかけて憧れのフランスに思いを馳せる。。。)もあって、石頭で吝嗇な父親
にも反抗しつつも従う。。。ってなある意味「普通のティーンエイジャー」
なんですが。

同級生のBFはどんくさいけど、まあ、当時の真面目な男子は似たようなもの?
学校の女教師はガリガリでひっつめ髪で黒ぶち眼鏡。。骨までカビが生えて
そう。。。ああはなりたくない!くわばらくわばら。。。

そんな時代の空気と受験生というダブルに閉塞した時に、30代のお金持ちで
かっこいい大人の男が目の前に現れ口説かれたら。。。。堪りませんよね♪

デイビットには親友カップルがいて、彼らのハイソな豪邸や生活は
眩く甘美!!
彼女のファッションの指南役のヘレン(ロザムント・パイク)が
いい味出してます。金髪碧眼で長身。オシャレとファッションにしか
興味も価値も置かないお姉さんなんですが、どことなく抜けてて
可愛いのよん。普通は性格悪く描写しがちなキャラクターなんですがね。
(実はこのロザムンドは実際はオックスフォード出のインテリ役者!!
てとこが凄い。本当の意味で役者ですわ)
335600_031.jpg

それと、も~~どうしようもなく頑固で、おまけに実はコンプレックスの
裏返しで娘をいい大学に入れようと躍起になってる父。。。どっかで
見た事あるなあ。。。と、思いきや
                   ぱぱ♪
                    ↓
photoga5_large.jpg

な、なんとあの「スパイダーマン2」の怪しいオクタビアス教授役で
気炎を吐いてたアルフレッド・モリーナでしたあ!!
S-3366.jpg

しみじみと皆さん役者(笑)
なんせ一番の驚きは(まだあるんかい?)主人公の瑞々しい17歳を演じきった
キャリー・マリガンが撮影当時22歳!!だったとか。
そりゃあ、大人の夜の世界にデビューした瞬間に一気に妖艶になるわけだ。
反対にあの制服姿に騙されたわけね!!女は怖い(それが結論かい:笑)

中盤から見え隠れする不穏な空気。そしてほろ苦い(こっちから見れば
ですがね)結末。彼女にはこの恋が原題の「An education」、そう、
「人生の教育」だったのですね。「オトナ」の階段を一歩上ったのですわ。

この心をキュン!と掴む秀作はいかにもイギリス映画っぽですね。
。。。脚本はニック・ホーンビィじゃありませんか!!あの
サッカー小僧の心境を余す事無く綴った傑作「僕のプレミアライフ」
の作者だあ!!ああ、これまた語り出すと止まらなくなるので
自粛しますが、なるほどそうか、そうかどうりで洒落た脚本な
わけですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。