スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●映画「渇き」(4.0点)

kawaki1.jpeg

病院に勤める神父サンヒョンは,死んでいく患者を看取るしかない自分の
無力さに悩み,アフリカで秘密裏に進行している「死の病気」のワクチン
開発実験に自発的に参加するが、実験途中で感染してしまい死亡したが
身元不明者の輸血で「奇跡」が起こり生き返る。
ところが、生まれ変わったサンヒョンはヴァンパイアとなってしまったのだ。
生きて行く為には鮮血が必要で、彼が奇跡を起こせると信じた信者や
意識不明の患者から細々と「食料」をもらう日々。罪を犯すことに
葛藤を続けるのだが、そんな時、幼なじみの友人カンウと、彼の魅力的な妻
テジュに会い、危険な愛に堕ちて行く。。。


「シークレット・サンシャイン」や「グッド・バッド・ウイアード」などで
太って愛嬌のある役がぴったしの演技派ソン・ガンホが、10キロ減量!!
おまけに敬虔な神父役っていったい?!って思って見始めましたが、
いや~~まるで別人のような眉間のシワの寄り方ですねえ(笑)
なかなか色男に変身してます。
gannho_1_p.jpg

使用前
gannho1.jpg

使用後(だ、誰!?:笑)

キリスト教国の韓国は、儒教の国でもあって、キリスト教的倫理観と
親や年上を大切にする儒教の教えがしっかり根にあるのですね。
パク・チャヌク監督は傑作「オールド・ボーイ」でもそうだけど、その
肉食系で血の濃いコリアンテイストをこれでもか!!!これでもか!!と
天こもりにしてます。
カンウとその母親との関係はマザコンの極地。も~~キモいよお(笑)
日本人の中にもあるのだけど、韓国はもっと生々しくストレートな
感じしますねえ。(「母なる証明」の母息子関係も凄かったなあ。。
こちらも必見です)

koumori.jpg
マザコンカンウ    人妻テジュ    堕神父サンヒョン   

前半のヴァンパイア神父と友人の妻とのお互いのヒリヒリと
した「渇き」のリアルさ。非常にエロチックですね。
まあ、「禁断」ってのが最高のスパイスですから。
(そう、そう、「シークレット・サンシャイン」は「宗教の限界」も
テーマの一つ。これも非常に面白い映画です!)

後半の「もっと大きな罪を犯した」二人は、無限地獄へ堕ちて行くの
だけど、いつの間にかそれは「ロマンチックな男」と「現実的な女」
とのある意味「普遍な」闘いにシフトして行くのがけっこう
コミカルで面白いですわ。

多分、好き嫌いがはっきり別れる監督&作品ですね。

テジュ役のキム・オクビンちゃんは、童顔なんだけど時々ドキっと
するくらい色っぽい表情をしますね。宮崎あおい、蒼井優、大竹しのぶ
を混ぜたような。。。あ!芳本美代子に似てるかも♪
miyoko.jpg



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。