スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●映画「母なる証明」(4.7点)

mother-1.jpg
韓国の田舎の街で漢方薬店を営む母は精神発達遅滞の
息子トジュンと倹しく暮らしてた。ある日、お酒を
飲んだトジュンは酔っぱらって女子高生の後をついて
行くが見失い,翌日,その女子校生の無惨な死体が
見つかりトジュンが第一容疑者となってしまう。
純真無垢で上手く自分を表現出来ないトジュンは
取り調べで自白を強要され、悪徳弁護士も役に立たない。。。
無実を信じる母は、自分の力で「真犯人」を探す
決意をする。。。

見渡す限りの枯れ草の草原に目の焦点の合わない
中年の女性がゆらゆら歩き、途中からゆったりと踊り
始める。。。その不思議なファーストシーンから
何やら「小難しい芸術系映画!?」と、身構え
ましたが、いやはや、続くシーンで親子関係や
息子の状態、生活環境やささやかな喜びや絶望が
一瞬で分かる場面展開の爽快さ(見て下さい:笑)
リズムの良さであっという間に話にのめり込
んでしまいました!

良くありがちな普通の母が「母性を武器」に難問を
解決するスーパーウーマンものと、思いきや
伏線に次ぐ伏線、どんでん返しに次ぐどんでん返し、
ミステリーとして脚本が良く練られてまして
最後もあっと驚く展開。まず、ミステリーとして
成功してる。

そして、知的で計算された話を核に、みっちり肉付け
されてるのが、韓国的(日本的でもある)社会の
矛盾や闇、業の深さ、特に「母性」と言う名の「自己愛」
の強烈さが、これでもか!これでもか!と表現
されてまして、濃いっす(ため息:笑)。。。。。
まあ、全世界の女性は濃さ薄さの差はあっても、同感
する部分はありますね。
mother.jpg

そして所々ちりばめられてる「水」を扱うシーンが印象的。
放尿する息子に漢方薬を飲ませようと強要し、放尿
跡を足で消そうとするシーン。ペットボトルから
流れ出る水。(このシーンはスリリング!)
老人から流れる血と機械油混合液。
「儒教と業のドッキング」で腐臭を放つ「水」。
拭っても拭っても元に戻らない暗喩ですね。
それらのシーンがまるでフランス映画のようにクー
ルで美しい。
雄大な田舎の景色の中で右往左往する母の姿も
敵ばかりの社会の中でもがく一匹の蟻のようで
悲しく美しい。

mother-3.jpeg

そして二重の意味での「真犯人」の遣る瀬なさ。
「確信犯的」後味の悪さ。

母役のキム・ヘジャの異常な濃さはちょっと引き
ますが(笑)、非常に上手です。
トジュン役のウォンビンも適役で、髪を下ろした顔は
まさしく「子鹿」みたいに可愛いっす。
画面では表現されないけど、この二人の近親相姦的
関係が深い闇となって全体を怪しく包んでます。

で、最後に、国民的女優とアイドルのお二方の
取材写真めっけ!はら~~~非常にお美しい!!!
(当たり前か:笑)
mother-2.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。