スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●コンサート第十二回 石橋幸コンサート「僕の呼ぶ声」~ロシア・アウトカーストの唄たち~@紀伊国屋ホール

ishibashi-1.jpeg
新宿ゴールデン街・ガルガンチュアの女主人・石橋幸さんの
ロシアの歌をロシア語で歌う定期コンサート。
第一部は「望郷」がテーマ。
第二部は、発売したばかりのCD「友よ祈りを」から

友人のMさんから誘われて「日本人が日本でロシア語
でロシアの歌を歌うコンサート????」
謎が謎を呼びますねえ。。。で、おそるおそる
紀伊国屋ホールに行ってみると、ほぼ満席。
年配のカップルが多く、ちらほら若者も。

。。。はい、ロシア語は全く分かりません(T^T)
しか~し、ステージ後方に大きな字幕が出るので
歌詞の内容は良く分かりましたぜ。
亡命ロシア人の苦悩を切々と歌い上げる石橋さんは
巫女のよう。有名なロシア民謡とは違った、どちらか
と言うとシャンソンにそっくりな歌い方。
エディト・ピアフのような感じで、言葉がロシア語
って感じでした。シャンソンや演歌に相通じる魂の叫び
ですね。

第一部は、ヴェルチェンスキーやワジム・コージンという
ロシアでも忘れかけられた亡命ロシア人の望郷の
歌をこれでもか~~これでもか~~と歌い(笑)
字幕で、彼らの悲しくも切ない一生が述べられ。。。
ええ、全くMCも無く、ひたすら重く,悲しく、切なく。。。

と、思いきや、第二部ではがらっと変身してしゃべくり
倒すし、お茶目で、愉快なMC。なんと曲を間違えたり、
多分、フィナーレは一曲前に本人のみ終了したと思って
消えて、バンドのメンバーが呼びにいったり(笑)
そのチャーミングさに場内大爆笑。
人柄の良さがにじみ出る良いコンサートでした。
どうも、大きな飲み屋でライブを聞いてる感じですね。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。