スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●映画「南極料理人」(3.4点)

nankyoku1.jpg
海上保安庁の料理担当の西村は、南極ドームふじ基地に派遣
される。観測隊員9人が1年を過ごしたのは標高3800m、一番近くに
いる人間まで1,000kmの、南極ど真ん中に近い場所。
平均気温マイナス54度でペンギンやアザラシどころか
ウィルスも生存できない、文字通り過酷すぎる環境。
楽しみと言えばただ「食べる事」のみ。

いやはや、もう寒そう。。。なんてもんでなく、激痛感漂う
南極基地。ドームふじって何よ?ってなもんですが、
有名な昭和基地よりもっと南極に近い僻地。
氷床深層掘削計画が実施されていて、これは、氷床を深さ
3000m以上掘削して氷床コアを採取。
氷床コアを分析することで過去約100万年間の気候変動
が判明するとか。立派で大変な仕事ですし、みなさん
その道の専門家や学者(そして医者と料理人)で
強い意志でやって来られたのですが、閉鎖空間に野郎のみ
で1年間の生活。。。考えただけでうんざりしますねぇ。

どんどこ幼稚化&変人化していくのも宜なるかな(笑)
細かなエピソードは笑えるし、料理もめちゃくちゃ豪華で
バラエティ豊富でびっくり。人間一人1年間で1トンの
食料が必要とか、なかなか勉強になりますし。
水が貴重ってのも納得。
恋人が去って行ってしまったり、家族が冷たいってのも
ありがちだなあ。。。

けっこう面白い素材ではあるのですが、どうもいまいち
しっくり来ず,退屈。それこそ料理の仕方が拙いのでは
ないかしらん。残念ではあります。
nankyoku2.jpg
スポンサーサイト

コメント

映画は観てませんが・・・

数年前に【面白南極料理人】の文庫本を読みました。
食べ物の話や漂流記が大好きなんで読んだんですが、さすがに国家レベルでバックアップ体制がとられたミッションなんで、何もかも完備されていますよね。
(普段一般庶民が食べられないような豪華な食材も・・・)

でも、変わらない極寒の環境と閉鎖された空間の中、最大の楽しみはやっぱり食事だから大変大切で重要な職業だよな~と思いました。

これで食事の楽しみがなかったら・・・と思うと悲しくなりますよね。

私としてはサバイバルな【面白難局料理人】なんてのが読んでみたいです。

●お返事

>りゅうしょう師匠。
どうもです♪
確か、名誉の負傷でむち打ち状態との事ですが、大丈夫でしょうか?

そうですよね、料理が生活の重要なアクセントでしょうね。
フランス料理のフルコースから、伊勢エビのエビフライ!まで出て来る
訳の分からなさ(笑)、でも堺君のお手てでほっこら握った塩結びと熱いみそ汁はンまそうでしたよ。
もしかして調理か料理の場面(普通は涎ものシーンですが)ばかりで、その国家的ミッションの場面が少なかったのが退屈だった理由かも。本当に素材はいいのですよ、見せ方の問題。ギャグが滑りまくってたし。

「面白難局料理人」。。外に出たとたんにサバイバルでしょうね(笑)
宇宙空間の宇宙船にも似てるかも。師匠!書いてみてください♪




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。