スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水戸藩攻め。

1/10に、山藤章二の似顔絵塾の先輩の阪西明子さんの
展覧会@常陽資料館in水戸に行ってきました。
水戸まで、鈍行を乗り継ぎ2時間半!丁度、今更ながらの
浅田次郎「プリズンホテル3」を読み始めたので,往復で
読了。。。それはそれで良い旅♪と、思いきや、阪西さん
曰く「どうして東京の人って、日帰りで水戸に来るのに
お昼過ぎにゆっくり現れるのかしらん?水戸滞在が2~3
時間じゃあ、どこも連れていけやしない!」と、怒られ(笑)

で、展覧会!!!
なんと80点もの大型の作品(似顔絵塾ははがきサイズ
ですからね)には圧倒されましたよ。
松本人志
松本人志!

さかな君とdaigo
さかな君とdaigo。

こだまよしおとピン芸人
こだまよしおとピン芸人。。

思い切り良い筆遣いとキレのあるデフォルメ。
塾生の中では極めてオーソドックスな手法なんですが、
やはりその毒性は凄い(笑)そして、関西人としての
血のせいか、ユーモア感覚が素晴らしい。
癖玉の豪直球。男らしい(笑)
常陽資料館で似顔絵を描く坂西さん
似顔絵イベント中の阪西さん。子供をあやしつつ描く!!

おまけに、なんとお子様に限り3名様似顔絵描きの
イベントあり。自慢じゃありませんが、モモタは
人前では描けません(T^T)。。。凄ぜ兄貴!(笑)

大人を避けたとこは正解(笑)なんせ、男性はプライドが
高く、ナルティストばかりでして、似顔絵を描くと完全に
キレる輩多いですからね~~

似顔絵イベント中に、モモタは資料館見物。
常陽銀行の資料館(と、言っても凄く新しくて奇麗で
小洒落た美術館ですね)なので、貨幣の歴史や展物品が
一杯で、なかなか面白く、近辺の小学生が見学に来る
ってのも納得。フェイクの1億円の包みと千両箱の
「重さを調べてみましょう」コーナーあり。
ええ、持ち上げましたがなかなかどうして重い!
30×60×20センチくらいかな?一億。
ちなみに、千両箱の方が重かった。
そして、入り口近くの本物の「埋蔵金」のツボとお金。。。
涎たらして見てました。

粛々とイベントをこなした彼女と、県立近代美術館へ。
「大ナポレオン展」(笑)。。。。芸術的価値ちゅうより
歴史的に価値のある美術展かな。
ゴヤのエッチングとかは良かったけど。
ただ、この暗く友達のいなかった士官が革命の統制を
するってな超人的活躍と、その後とほほな皇帝になっちゃう
てな、あまりに人間的な弱さと複雑さにメチャ興味が
出ました。伝記読んでみたいな。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。