スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●映画「それでも恋するバルセロナ」(3.7点)

それ恋
アメリカ人の自由奔放なクリスティーナと慎重派なヴィッキーは大親友。
ヴァカンスを利用してバルセロナのヴィッキーの親戚邸に泊まり観光を
楽しむ。あるパーティで女遊びがたたって元奥さんと刃傷沙汰になった
悪名高い画家アントニオに会う。で、いきなりナンパされ、彼に
付いて行った二人は。。。

いやはや、出てくる女性陣が違うタイプの超美人ばかり。
ウッディ・アレン好み???ちゅうより全ての男性好みを
網羅?(笑)で、3人の美女の心を独り占めはあの
変態監督(最高の褒め言葉)コーエン兄弟の「ノーカントリー」
のおかっぱでダイハードな殺人犯役だったハビエルさま。

あの不気味さは脱ぎ捨て(まあ、あれは演出&演技でしょうけど)
髪もばっさり全身からムンムンするお色気を漂わせ、口八丁
手八丁やりたい放題し放題の画家(この職業だけでかな~り
怪しいが:笑)を楽しそうにやってます。

NYを舞台に軽妙洒脱なラブコメがお得意なウッディ監督ですが
今回はバルセロナの重厚でしっとりしたスペインの香りが一杯。
おきまりの観光地巡りシーンも。

超激しい元奥さん役のペネロペちゃんも、さもありなん(笑)的
で世のM気男性の心鷲掴みかな?ちなみにこのカップルは私生活も
つき合ってるんで、そのやりとりの自然さ&倦怠ぶりが、まんま
なんでしょう。さすがに刃物は使わないでしょうが。
それ恋2

慎重派のクリスティーナ役のパトリシアのアントニオの誘惑に
バルセロナの雰囲気に負けて墜ちるとこがいいっすね♪

3人の女性の間を泳ぎつつも翻弄されるアントニオは男性の
夢でもあり、恐怖でもあり。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。