スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●映画「天使と悪魔」(3.4点)

tenshi.jpg
教皇の死去後のコンクラーベで揺れるヴァチカンに、400年前に
弾圧されたガリレオを発端とした科学秘密結社が復讐を計画。
教皇候補の4人の枢軸卿が誘拐され、一時間毎に惨殺するとの
予告があり、おまけに街ごと吹き飛ばす威力のある「反物質」を
ローマのどこかに隠してしまった!!さあ、大変(笑)
で、我らが宗教象徴学者ラングンドン教授の出番。。。。
いつもの通り、粗筋はめちゃくちゃ混み入ってるんで説明しません(おい!)

前作の「ダヴィンチ・コード」の煩雑さ&ご都合主義に辟易
してましたが、今回はかなり整理されて見やすくなってます。
「ダヴィンチ~」のテーマのキリストの血脈。。。ってな話は
ど~~もいまいち日本人の我々にはピンと来なくて、
衝撃的でスキャンダラスな結末なんでしょうが、「で?」ってなもん。
tenshi-to-akuma.jpg

それに比べたら今回はずばり「科学と宗教の対立と調和」
なんで、取っ付き易かったですう。
何より、ファーストシーンのジュネーブ地下100mに
建設されてる全長27キロに及ぶドーナッツ型の「加速器」
LHCの内部が出て来て、も~~~この1~2年マニックに
っハマってる分野でして、もうびっくり!!
ひゃ~~!!こうなってるんだ!!
 LHC
(↑このチューブが、27キロ繋がってる!!)
光速近くに加速した陽子を両方から衝突させ(宇宙が出来た瞬間に近い
状態ですね)その時発生した粒子を観測する事に寄って、人工的に
「ビックバン」が出来ちゃうかも!?ってなドキドキワクワク分野でして。。。
ハアハアハア。。。(笑)
この辺を語り始めると「今夜は寝かせないぜ」状態になるので(笑)
この辺で割愛しますが、一言で言えば現在の「物理&科学の最先端」施設。
方や、一方はカトリック総本山の教皇選出の場。
コンクラーベも何やら閉じこもって選挙で決め決まったら煙突から
白い煙が煙突から出てくることで一般市民に知らせる
ことくらいしか知らなかったけど、その詳細が分かって満足♪
006.jpg

そう、科学と宗教の両象牙の塔なんですよね。
パンピーには普通見る事ができない世界!!
それを見せてくれたとこが見所かな(笑)
え?後は?。。。。う~~ん。。。。並(おい!)

お互いに「真実」を追求すれば相手を否定してしまう犬猿の仲。
その対立は「天使」である自分から見たら相手は「悪魔」
なんですよね。まあ、映画の結論は普通に穏やかなとこに
落としてますが、それゆえ普通な感じしちゃうのでしょう。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。