スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ばかもの」/絲山秋子/新潮社

bakamono.jpg
読書は三度の飯並みに好きで、出勤前、出勤中、トイレ、
風呂、寝る前に主に読んでます。悩みはすぐ読んじゃうとこ(笑)
だって、1~3日毎に新しい本購入はキツいっす。
まあ、酒飲めないから、飲み代考えればたいしたことない?

で、昨日、ふらりと入った紀伊国屋で、カヴァー買いしたのが
この本。いいなあ、この題名とこのイラスト(笑)

19歳のヒデは10歳上の額子と付き合って、
(このシチュエーションは男女とも嬉しい:笑)二年後に
ポイされちゃう。ヒデはその衝撃で少しづつ崩れ始め
アル中に。それから10年後に再会。
話はそれだけ(かい!:笑)
この本では、最初に若い額子がヒデに「ばかもの」って言う
んだけど、最後にも言う「ばかもの」には、2人の経験と
万感が籠ってる。
悪くはないけど、彼女の作品では「袋小路の男」の方が
好み。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。