スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●映画「ゴーストライター」(4.4点)

ghostwriter_poster-535x401.jpg
元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を依頼されたゴーストライター(ユアン・マクレガー)。ラングが滞在する真冬のアメリカ東海岸にある孤島に赴き、取材をしながら原稿を書き進めるうちに、ラング自身の過去に違和感を覚えるようになる。
やがてそれは前任者の不可解な死に対する疑問となり、その謎を追いかけることで国家を揺るがす恐ろしい秘密に触れてしまう。そして、さらにラングの妻ルース(オリヴィア・ウィリアムズ)と専属秘書アメリア・ブライ(キム・キャトラル)とともに巨大な渦にはまってゆくのだった・・・。
(公式HPより抜粋)

いや~~久しぶりの最初から最後まで釘付け映画です。
冒頭の真っ暗闇から現れ、雨の中に接岸するカーフェリーの不気味さ。
次々に下船する車の中、ポツンと残る乗り手の無い車。
いきなりの不穏な雰囲気。
で、海岸に打ち上げられた土左衛門。。。ひょえ~~!!!
いきなりゾクゾクしますわ~~非常に上手いですねえ。

なんと言っても、この元英国首相ラングの隠遁するアメリカの孤島
の荒涼感が凄まじい。
立場上仕方無いのだろうけど、笑っちゃう程厳重なセキュリティと
お洒落過ぎる家。首相と言う立場の孤独感ビシバシです。

イケメンで押し出しの強い元首相とクールビューティな妻ルースと
バリバリのキャリアな専属秘書アメリア。も~~女性二人の目線と
態度のつばぜり合いで、秘書=愛人臭プンプンですわ(笑)
モモタ的にはこの奥さんの方が若いし、カッコいいと思うのに。
まあ、妻は妻、愛人は愛人ですからね(←何だ?:笑)
妻ルース  愛人アメリア(sex&the cityのキム・キャトラルが無表情な
   ↓        ↓ 秘書に!)

images-1.jpeg

で、ここへ、本人の意思とは関係なく、いつの間にかフラフラと
入り込んでしまったゴースト君。あ~~あ、知らねえぞお~~~(T^T)

ラングの過去のスキャンダルが発覚し、周りが俄然騒がしくなる
んだけど、まあ、彼の仕事は「首相の自伝をゴーストライトすれば
いい」だけ。この手の映画でよくあるのは、「そっちは絶対危ないだろう!
ってな方へ、主人公が行っちゃう法則」があるんだけど、この映画では
「普通の好奇心とスケベ心を持つ」ゴースト君が、いつの間にか
抜き差しならない状態にはまり込んじゃうんですね。
その辺のさじ加減も上手い。
gohst1.jpg

巧みに張られた伏線と、ミスリードで色んな人が怪しく
まるでヒッチコック的サスペンス。ちりばめられた英国的
ブラックユーモアにも苦笑。ラストのオチもお見事!!!
してやられました(笑)
本当に久しぶりのオトナの映画です。

ghost_writer_movie_image_ewan_mcgregor_and_pierce_brosnan-1-600x399.jpg

この記事を書く為に公式ページを覗いたら。。。あ、ゴースト君
ったら、名前が。。。。無い!?おお~~~そうかあ!。。。とか、
イケメン首相役はあの007のジェームス・ボンド役。。。
ひょえ~~それってすげ~~ブラックジョークだあ!!とか
後から後から謎が解けて行きまして。
そう言えば、この首相って一見某ブレア元首相に似てるじゃん。
米国よりの政治も。。。あ!!!とか(まあ、見て下さいまし♪)

ってな感じで、いや~~見終わった後にもゾクゾクいたします
わよ。

ゾクゾクと言えば、この映画、渋谷のヒューマントラストで
見たんですが、一階入り口付近に沢山のTVカメラと取材陣が。
何だろう???と、思いつつエスカレーター登ってたら
途中の階であの杉村大蔵元衆議院議員がドアを開けて控え室?
に入るとこに遭遇。映画PR街頭演説だったもよう。
違う意味でゾクゾクしました(何だ?:笑)

04413649.jpg
おまけ(いらない?)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。