スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●映画「冬の小鳥」(4.0点)

DownloadedFile.jpeg


'75年の韓国。父親に捨てられた9歳のジニは児童養護施設に預けられ
ることになる。しかし、自分が捨てられたことを信じない彼女は周囲に
馴染もうとせず、ひたすら反抗的な態度をとり続ける毎日。
脱走を繰り返しながら彼女はひたすら父の迎えを待ち続ける。

『シークレット・サンシャイン』のイ・チャンドン監督が
プロデュースを手掛けた感動の人間ドラマ。
韓国から養子としてフランスへ渡った新鋭ウニー・ルコント監督が、
自身の実体験を基に、孤児院に預けられた9歳の少女の孤独と悲しみを
リアルに描き出す。
父親が迎えに来ることを待ち続ける主人公ジニに扮した子役、
キム・セロンの演技が胸を打つ。
(ぴあ映画生活より抜粋)

本当にこのジニ役のキム・セロンは可愛いですわ。
9歳にしてはんなりとした女性の色気出てます。
勿論、本人は全く気づいてない(いや、違うかな?
もう既に女優ですからねw)風情が、いいです。
日本の天才子役陣とは(誰とは言いませんが)全く
対極の演技と表情です。
わざとらしい演技は一切無く、仏頂面で細い身体から
ハリネズミのようなトゲトゲしさを出しまくってる。

新しい母親が来て、居辛いとこに大好きな父親から
オシャレさせられて、バタークリームケーキをお土産に
預けらてた児童養護施設。
そりゃあそうですわ。大人だって理解に苦しむ状態、
まして子供には現実を受け入れれないし、泣く事も、
喚く事も出来ず、うちに籠り、周りを拒否するのは
当たり前でしょうね。
どこをどう見ても父親が悪いのだけど、捨てられた子は
「自分が悪い」と思ってしまう。
そこが切ないです。

初めは「新参者か。。。ちょいヤキでもいれようかね」
的に扱ってた先輩の12歳のスッキ(パク・ドヨン)も
抱えてる痛みは同じ。いつの間にか一番の友人になって
いく。

fuyunokorori2.jpg

施設の職員が,人形にあたるジニに
「悔しい時は蒲団を叩きな!」と蒲団叩きを渡すとこ。
夜な夜なこっそり繰り広げられた女子達の「花札」占い(笑)
教会の牧師が語る「主よ、なぜ私を見捨てられたのか」という
イエスの言葉をぼんやりと聞くジニ。目線の先には
親子の姿が。

ひっそりと挟まる小さなエピソードは、それぞれ健気で
哀しくもユーモアがあり、決して感傷的でない。

原題は「旅行者」。
ジニの魂の一つの旅が終わり、一つの旅が始まる。

ラストのジニの顔が素晴らしい。

スポンサーサイト

●映画「ソーシャル・ネットワーク」(4.3点)

snw2.jpg
世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」創設者
マーク・ザッカーバーグの半生を、鬼才デビッド・フィンチャー
が映画化。2003年、ハーバード大学に通う19歳のマークは、
親友のエドゥアルドとともに学内の友人を増やすためのネット
ワーキング・サービスを開発する。そのサービスは瞬く間に
他校でも評判となり、ファイル共有サイト「ナップスター」
創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、社会現象を
巻き起こすほどの巨大サイトへと急成長を遂げるが……。
主演は「イカとクジラ」のジェシー・アイゼンバーグ。
共演にジャスティン・ティンバーレイク、新スパイダーマン
に抜擢されたアンドリュー・ガーフィルドら。

(映画.comより転載)

いやはや,最初のマークと彼女のエリカとのバーでのデートシーン
にびっくり。マークのマシンガントークは人間離れ
してますなあ。。。頭の回転が良過ぎて、人が一考えてる間に百通りの
考えが出て一瞬で広がってしまい、いつの間にか自分の言葉を言い終わる前に
次の言葉がでてしまう!!??
ってな感じですねえ(←何だ?:笑 単に人の話を聞かないだけか)
このシーンだけで99テイクだって!(マジっすか?)

まあ、かなりイっちゃってる危ない人間。

前にこの映画を見たクワバラさん曰く「だいたいあんな知的で美人な
女の子があんなオタクと付き合うか?ちょっとしゃべれば分かる
だろうに」ってな疑問はその通りですが。
ほんまに彼女の捨て台詞の「オタクだから嫌じゃないの、
性格がサイテー!!!」そのものですわな。

SNW1.jpg
                           
            注)この胸の開け具合を多いに参考にしましょう♪



この映画の面白いとこは、今旬の現実の人物を取り上げ、その
スキャンダラスな半生をそのまま描いちゃってるとこでもあり、
そのスタンスがマーク側でも、その他(ええ、彼以外は
その他なんですわ:笑)の方側でもないとこですね。
今までの価値観や道徳規準から逸脱した天才はまさにアマデウス的
存在。独創的な天才性と無邪気どろこか社会性と道徳が完璧に
欠落した性格を持ったマークという人物を淡々と描写してるのみ。
多分、かなりの冷血部分が無いと圧倒的な成功者であることは
難しいでしょうね。アメリカンドリーム大好きなアメリカ人も
この旬な「夢の途中」の若者の評価を扱いかねてる感じです。

ハーバード的エリート(家柄良し!長身マッチョでイケメン!
ボート部選手でオリンピック選手!!!!←何それ?:笑)の
ウインクルボス双子兄弟!ってのが、いかにもいかにもな
感じでツボでした。もう、日本で言うとこの東大と早慶を
合わせたような鼻持ちならないイヤな感じなんですが(笑)
。。。彼らは何と一人で二役だそうで、全然分からなかった
ですう(T^T)そのアーミー・ハマー君の声がセクシー
でしたね。
彼らの「プライド」や「ビルゲイツの講演」が古色蒼然と
して見えるのはどうしてでしょうかねえ。。。。

似た者同士のショーン・パーカーとのクラブ内での意気投合
するシーンもいい。何より、テーマソングの美しクシンプルな
メロディの中にず=====っと響く「ミツバチの羽音」のような
神経をいらだたせる通奏低音が主人公そのもの!!って
感じで見事です。



真の「お友達」のいない創始者の作る「お友達作りサイト」
なかなか示唆に富んだ面白い映画でした。

で、自宅に帰ったモモタは、そのままPCを立ち上げ、facebookに
アクセスして1分で登録(笑)
そしたら、あらまあ!!懐かしいあの人やこの人や知らない人やら
ワサワサいて、その旧友達と「お友達に」なりまして(笑)
。。。多分、facebookの醍醐味はその「お友達のお友達」と
お友達になっていくことでしょうが、面倒(←おい!)
facebookは使いこなせないだろ~な~(ああ)

postersns1.jpegpostersns2.jpeg

↑ところで、この日米のポスターの違いっていったい?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。