スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●映画「リミット」(4.2点)

limit3.jpg
イラクで突然襲われた米国人トラック運転手ポール・コンロイ。
彼が目を覚ますと、そこは、土の重さがのしかかる閉ざされた
箱の中だった。
残り90分の酸素しか無い閉ざされた場所、手元にあるのは、
充電切れ間近の見慣れない携帯電話。
そして毎秒ごとに迫り来る死・・・。果たして彼はそこから
脱出出来るのか?そして彼がそこに埋められた目的は?
主演、ポールを演じるのは「ヴルヴァリン:X-MEN ZERO」で
成長著しい若手注目株ライアン・レイノルズ。
この演じるのに困難なワン・シチュエーションの中で、苦悩、パニック
絶望、冷静さ、諦め、怒り、恐怖、希望、悲しみ,痛みの全てを
表現し,観客をスクリーンに釘付けにしてる(公式HPより抜粋)


映画を見終わった後、しばらく放心状態(笑)
久しぶりの,見てる方も最初から最後まで肩に力入りまくり&緊張感&圧迫感
で息も絶え絶え映画でしたっ。つ、疲れましたです(T^T)

なんとこの映画、主人公のポールが棺桶の中で90分悪戦苦闘する「だけ」の
ワンシチュエーションのみ!!!えらく制作費安いだろ~~な~~

発想の素晴らしさと、実際、もし自分がこのシチュエーションになったら
するであろう行動(パニくる!叫ぶ!やや落ち着く。。。周囲を探る
ジッポめっけ!拘束を取る。。。携帯が鳴る!!??え?どこ?
何でアラビア文字の携帯が?って思いつつも助けの電話をかける。。。等)
が非常にリアルでいつの間にか、一緒になってこっちも息止めてる(爆)
こりゃ、苦しいわけだ。

で、こーゆー時は妻とか親しい人は能天気な留守電(マーフィーの法則:笑)で
繋がらなかったり、会社や警察やFBIのたらい回しや、責任回避やら、
犯人からの身代金請求(どうしろってんだ?!)。。。招かれざる珍客とか。。
もう、笑っちゃいけないけど、実際こうだろうな、と、思わせる展開。
ブラックジョークのてんこ盛り。

limit1.jpg

非常にシンプルな映画なのに、監督の発想力と、脚本の力と、この主人公役
のライアン君の演技力の凄さで、一級の反戦映画になってます。
全くのドンパチ無し(爆撃の音はあるけど:笑)。
うすぼんやりとした棺桶の中のみだけで。

limit2.jpeg
↑ちなみにライアン・レイノルズ君って、こんなにイケメン(あの
スカーレット・ヨハンソンの旦那さま!ライアンが羨ましい。。。って
違うか:笑)だったのね。いかんせん、90分寝たまま&目をひんむいてて
パニックでボロボロでしたから。どうも身長も190センチ近いみたいですが、
それも全く分からないしね。

監督は、ロドリゴ・コロテス。スペイン映画ってとこも凄いかも。

●追記
ただ今、ともりんさまから「画像がヒューさまになってるぞ」
とのご指摘が。。。

本物ライアンさま↓と、奥様スカーレット・ヨハンソンさま。
た、確かに(汗)。。。。申し訳ないです。ともりんさんサンキュです♪

RyanReynolds01.jpg
ScarlettJohansson01.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。