スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●展覧会巡りby「B級変態映画倶楽部」その1

art1
友人のクワバラさんと運動靴で展覧会巡りをいたしました。
まずは、九段下のイタリア文化会館に。
「紙の展覧会」を見に入ったのですが、どこにも案内の掲示無し。。
3階には全く関係ない部屋ばかり。え?2階ですか?と、下に
下りると確かにライブラリや小さな部屋が一杯でイタリアの香りがしますし
イタリア語の会話がちらほら。
チラ見したら、イケメン君発見(笑) しか~~しどこも展覧会をやってる
感じ無し。日本人女性をめっけたんで尋ねると、場所が違うらしい(笑)
一階に出て正面に回るとはっきりくっきり展覧会やってましたわ。
どうも我々は裏口から入ってたみたい。

展覧会は。。。普通に奇麗な紙が展示されてて、やっぱここにも
若くて長身のイケメン君発見。だが、それだけでした(おい!)

気を取り直して、近くの「トッテリア」にてランチ。
1500円でそれぞれ本格的な前菜、パスタ、パン、デザートに
コーヒーはマル。

それから築地の聖路加病院へ。
ここの画廊(病院に画廊って凄いですよね)で山藤章二の似顔絵塾
の男前絵描きの阪西明子姐の個展「ひざポン!」展(何だ?:笑)
を見に。

sakanishi1.jpg

凄いですよね~~このメッタ切り!!筆に躊躇ってなものが
ありませんわ。似顔絵塾の中でもナンバー1の刺客。
日頃はゆったりとしたお姐さまですが、筆を持たせたらこんなに
怖い塾生はおりませんです。
「モモタさんがくれた前回の水戸での個展の感想の手紙に『ダンナ
さんが超イケメンで驚いた』って書いてあったでしょ?
いや~~顔で選んで失敗したわあ!!」。。。ってあんた(笑)
姐さん、モモタも一度でもいいから言ってみたいセリフでっせ。

sakanisi.jpg

水戸での個展の案内状。この似顔絵はかなり大きくて迫力ありまっせ。


それから徒歩で新富町の「アラタニウラノ」にて「加藤泉」展へ。
去年の上野の森美術館であった「ネオテニー・ジャパン高椅コレクション
展」で彫刻群を見て、そのプリミティブで人間の奥底にある「見てはい
けないもの」「触れちゃいけないもの」的な存在感に
圧倒されました。
も~~凄く「嫌!!!」で、一瞬目を覆いたくなるんですが、その
指の隙間からついしっかりガン見しちゃう~~ってな。。。なんなん
でしょうか、この抗い難い吸引力は。

top.jpg

ほぼ人と等身大。部屋の隅でこっち見てる!!!(T^T)
胎児のようなオトナですね。見てる方が不安感一杯になっちゃう。

185261_c450.jpg

。。。。ってなこんな感じで、油絵もあるのですが、こっちも
いったいどこを見たらいいのか分からないくらいに不安な
タブローでして。。。この、泉さんの最新個展!!!是非見ないと!!
てなノリで行ったのですが。。。

会場に入った瞬間に。。あ、奇麗。可愛い。解りやすい。。。
「泉君!(知り合いではありません:笑)一体何があったの!?」
と、思われるくらいに洗練されてまして。
ええ、一つ家に欲しいな~~って思っちゃうくらいに。
ああ、でも何かを無くしてる(T^T)そっちに行って欲しく無い~~!!
君はいつまでも「鬼っ子」として、嫌~~で根源的な作品を作って
欲しい~~~!!幸せになっちゃダメだ!!!(←おい、おい)
ってな心の中で叫んでしまいましたわ。
こっち側に来ちゃダメ!(って勝手な観客の戯れ言ですが)

わ、解りやすいか?(笑)

izumi1.jpg

izumi2.jpg


え?欲しく無い?

作家もいろいろ紆余曲折して作風も変わるもんですよね。
でも、やっぱ残念。

それから、乃木坂の「国立新美術館」の「ルーシー・リー」展へ。

次回へ続く♥



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。