スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●「D杯なり隊」神楽坂巡り その1

元同じマンションにいた奥さんHと結成してる「D杯(「カップ」と
読みます:笑)なり隊」。ええ、深い意味は。。そのまんまです。
モモタの発案で画廊巡りをすることに。

その前に、某朝日新聞社の某五十嵐浩司さんから「モモタさん!
映画好きならギンレイホール攻めなくちゃ!」ってな助言で
気になってた名画座の会員になろうと思ってたので、映画鑑賞も
抱き合わせに。二本立てっす。

神楽坂はけっこう行くのですが、このホールの存在は知らなかった
ので、ちょっと迷いましたが、無事到着。すぐに年間会員に。
一人で1万円ぽっきり!!年間52本くらい見れるそう。
すると1本2百円弱だし、何度も見てもいいとか。連れは千円で
見れる(通常は1500円)ので、これは随分お得ですね。

最近の上映100本をチェックしたら25本見てまして、見てないのも
気になってたものばかり。チョイスがいいのですよ。
今回は「クリーン」と「母なる証明」。。。はい!「母~」は見てますね。
でも、とても気に入った映画なんでもう一度見たかったので見ましたわ。
感想は→「母なる証明」
この二本立ては「母子」繋がりですね。
もう一本が....

●映画「クリーン」(3.8点)
clean4.jpeg

ロックスターの夫を亡くし、ひとり息子の養育権も奪われてしまった母親が、
絶望の底からなんとか這い上がろうと奮闘する姿を描いた再生の物語。
歌手として成功したいという自身の夢。夫の家族との軋轢。
そして、愛する息子との縮まらない距離…。

(HPより転載)

この映画は、主人公のエイミー役のマギー・チャンのプロモーション
ビデオ?って勘違いするくらい,彼女の魅力満載。
流暢な広東語、英語、フランス語、スタイリッシュなファションや
メイク、決して上手くはないけど味のある歌、そして圧倒的な
演技力と美貌に目が釘付けです。
clean2.jpeg

エイミーは、ヤク中だわ、子供は義両親に預けっぱなしだし、
ロックスターの夫とは上手くいってないし、めちゃめちゃ
グータラでアンバランスな女性。夫のオーバードーズでの突然死
から、息子と暮らす決意をするのだけど、まあ、それも我がまま
ですよな、普通は。義両親もこんな危ないダメ嫁に可愛い孫を
渡すはずありません。
ただ、ドン底から這い上がる健気なエイミーの姿に涙。。。ってな
感情移入がいまいち出来なかったかなあ。
彼女がきれい過ぎだからか?子供に愛情がある、ある言いながら
それをあんまり感じさせないからか。。

この映画の一番の煌めきは義父の厳しくも温かな心。

clean3.jpeg
義父役のニック・ノルティが、渋くて渋くて胸キュンでした(好み:笑)
某上智大で心理学を勉強中の奥さんHは素直に感動してました。
きっと「救済と再生の物語」だからでしょう。

超エキセントリックなあの「ベティー・ブルー」のベアトリス・ダルも
ちょい役で出ててびっくり。言われてみないと気づかないくらいですが、
やっぱり面影が。
(彼女のその後の半生は知らないのですが)あの、ふてぶてしくも
パーンと身体の張った野性的な女の子が、この疲れきった中年女性に変貌。
モモタも横に割れた自分の腹をそっとつかみつつ感慨に(笑)

流石に,濃くてみっちりな映画二本見たらハラペコに。
神楽坂の知ってるお店に行くも閉まってて、残念。
中華まんじゅうで有名な「五十番」にてランチ。
kagurazaka.jpg

中華まん+半中華そば+オーギョーチで800円!ってなランチ
を注文。ここの中華まんは、大きくて具がみっちりジューシー♪
一口食べたら肉汁がこぼれて大慌て。立てておかないとこぼれ
ちゃいます。オーギョーチがこれまた美味しく、量が少ないのが
残念!!ええ、5倍くらい食べてOKっす。

お腹くちくなったので、D杯なり隊は、神楽坂をそぞろ歩き。
めちゃくちゃ安いお店ばかりで、あっちこっちに引っかかり
オバさん大騒ぎ(笑)なかなか味のある街ですよね。

東京理科大近くのミズマ・アートギャラリーにて会田誠の
「絵バカ」展へ。
ebaka.jpeg

会場に入ってすぐに、モニターが。
そこには,うら若き女子大生が一糸まとわぬ裸体で「よかまん」
なる猥歌を歌いつつ踊ってます。。。あらま。。。
これって、これって、あの「よかちん」???じゃん!!って
遥か大昔のモモタの出身大学の新入生歓迎コンパでそれまで
ニコリとも笑わずに堅苦しさを全面に出しまくってた某ヨシイ先生
が、急に裸になって股にビール瓶を挟んで歌い,踊って
やんやの喝采と「大学ってなんて素敵♪」(おい!:笑)と思わせ
てくれた宴会芸ではないですか!?
先生は芸大出身だったのかしらん??それともどこの美大でも
やってるのか?!

。。。ってな青春時代の甘酸っぱい(どこがじゃ?:笑)思い出に
浸らせていただきつつも、しっかし、ノーメークで黒髪の全く
脂肪の無いお嬢さんがこんな格好して踊るとは。。。ああ、誠先輩に
そそのかされたな(笑)と、思いつつも女性の割合が
男性を越えてるってな芸大の現実と肉食系女子の若気の至り
と男気に頭が垂れました。
オヤジがガン見してましたわ。

奥さんHと、「おい!本人はやらんのかい!」と管巻いたんですが、
あとで調べたらパフォーマンスを会場でやってました。。。

yokachin.jpg
いや!画伯は向かって右だ!!!ケツの穴の小さか男たいね!!(笑)

隣には半年間北京で描いた「灰色の山」の大作が。
ちょっと見、水墨画のような小高い山が。。。でも近くで見ると
細かな打ち捨てられたコンピューターとサラリーマンで構成されてます。
ebaka2.jpg

3年前の上野の森美術館であった「アートで候。会田誠 山口晃」展で
見た「ジューサーミキサー」の女性の大量の裸体ジュース(!!)を
彷彿させますね。

その他にも,大作が2枚。いずれも確信犯的おふざけ絵画。
彼の作品は大きく振り回して、あまりにも「解りやすい」のですが、時々
「本質」のど真ん中の芯に当たるのです。
「。。。はいはい、分かりました,分かりました」と、言いつつ
虚をつかれ、はっとさせられます。目が離せない作家ですね。

次は銀座へ。
銀座一丁目の近くのギャラリーQの「石田徹也」展へ。
次回へつづく♥

スポンサーサイト

●展覧会巡りby「B級変態映画倶楽部」その2

前回からの続きです。。。
lucie1.jpg
いつもは地下鉄大江戸線や日比谷線の六本木駅からテクテクと国立
新美術館へ行くのだけど、今回は千代田線の乃木坂駅で下車。
なんと、駅と美術館は直結してて一番便利なのね。。。知りません
でした(今更ですね:笑)

ディム(大英帝国二等勲爵士)の
称号を持つルーシー・リーは、バーナード・リーチやハンス・コパー
と並び、20世紀を代表する陶芸家の一人です。ウィーンに生まれ
イギリス人として半生を生きた彼女は、70年近くにもわたる創作活動
の中で多くの作品を作り、独自のスタイルで陶芸の世界に新しい風を
吹き込みました。無駄のないシンプルなフォルム、自由な色彩、
優雅で洗練された装飾との見事な融合…。
それは大都市の中の小さな工房で、一人器と向き合い続けた彼女の
生き方にも似ているように思えます。
(HPより転載)

lucie2.jpeg
ピンクがかわゆい♪

lucie3.jpeg

ルーシー・リーの陶磁器は、本当に薄くて繊細で可憐。
それでいて甘すぎず、凛とした佇まい。いいですよねえ。。。

1902年生まれ。ウィーンの幼少時代は医者家庭で裕福。
そして美術界ではクリムトやシーレ、精神分析ではフロイトの
活躍した黄金時代。羨ましい環境ですよね。
工業美術学校で陶芸に目覚め(恩師のミヒャエル・ポヴォルニー
の作品は乙女チックでメッチャ甘い♪ってことが可笑しい)
陶芸家の道を進むことに。
卒業と同時に実業家のハンス・リーと結婚。
その新居のデザインを依頼したエルンスト・プリシュケの
バウハウス的機能主義的作風(何だ?:笑)にかなりの影響
を受けたとか。
会場では,夫婦の家のフィルムが流れてまして、確かにバウハウス的。
簡素で無駄が無く,上品。オサレっす(笑)

いろいろ賞なども取り,順調なスタートだったのですが、戦争
の足音が聞こえ始め、夫とともにイギリスへ亡命。一年後に離婚。
日本の民藝運動とも縁のある巨匠バーナード・リーチに師事。
最初はリーチ先生はあまり彼女の作品を評価しなかったみたいですね。
反対に、ルーシーはめっちゃ影響受けて肉厚でガッツリとした
作風になっちゃうとこが、可愛い。

やがて第二次世界大戦勃発!!
陶芸を中断してなんと彼女は陶製ボタンを作り始めて糊口を凌ぐのですわ。
lucie7

本当に可愛い。
ボタン会場は真っ暗。そこに微かなライトを当てるってな展示
なんですが、その微妙なラインに光がキラキラ輝いてまるで
宝石のようですう。。。

で、40代の彼女のもとにアシスタントに20代の青年ハンス・コパーが現れ、
彼は短時間でろくろの技術を習得&制作を始め、ルーシー姐さんに
多大なる影響を与え、共同制作も。。。って凄げ~~!!!
展覧会場のこの場所に来て某クワバラさんと思わずうなずき合って
「若いイケメン天才アーチストがアシスタント。。最高じゃん!!!」
(←おい:笑)
なんせ、彼女のコメントが「ハンスは正真正銘の芸術家だけど
私はただの陶芸家よ」ふわ~~~かわゆい♪♪♪

lucie8

ハンス・コパー展のポスター。
モモタは彼の事は知りませんでしたねえ、イギリスではリーチや
ルーシーよっか人気らしいっす。

ボタン制作で釉薬の研究を重ね、彼女独自の色(ピンクが素敵!)や
編み針で釉薬を削る「編み目模様」を確立。
なんと言っても凄いのは釉薬ノートにぎっしりの成分メモ。
毎日の試行錯誤の積み重ねですよね。科学の実験や料理に似てます。

lucie5.jpg

会場ではルーシーの制作する姿を映す映像も流れてて、インタビュアー
の男性は、ルーシーの大ファンのもよう。
いろいろと絡もうとしますが、彼女は優雅にロクロを回して微笑む
ばかり。彼女らしい感じです。

lucie6.jpeg

88歳で脳梗塞に倒れ、1995年に死去。享年93歳。
楚々とした性格で芯が強く好きな陶芸の道で一世を風靡し
人生の転換期に優秀な男性が関わる一生。。。

う~~~ん女性誌が飛びつきそうな生涯だあなあ==(おい!)

●展覧会巡りby「B級変態映画倶楽部」その1

art1
友人のクワバラさんと運動靴で展覧会巡りをいたしました。
まずは、九段下のイタリア文化会館に。
「紙の展覧会」を見に入ったのですが、どこにも案内の掲示無し。。
3階には全く関係ない部屋ばかり。え?2階ですか?と、下に
下りると確かにライブラリや小さな部屋が一杯でイタリアの香りがしますし
イタリア語の会話がちらほら。
チラ見したら、イケメン君発見(笑) しか~~しどこも展覧会をやってる
感じ無し。日本人女性をめっけたんで尋ねると、場所が違うらしい(笑)
一階に出て正面に回るとはっきりくっきり展覧会やってましたわ。
どうも我々は裏口から入ってたみたい。

展覧会は。。。普通に奇麗な紙が展示されてて、やっぱここにも
若くて長身のイケメン君発見。だが、それだけでした(おい!)

気を取り直して、近くの「トッテリア」にてランチ。
1500円でそれぞれ本格的な前菜、パスタ、パン、デザートに
コーヒーはマル。

それから築地の聖路加病院へ。
ここの画廊(病院に画廊って凄いですよね)で山藤章二の似顔絵塾
の男前絵描きの阪西明子姐の個展「ひざポン!」展(何だ?:笑)
を見に。

sakanishi1.jpg

凄いですよね~~このメッタ切り!!筆に躊躇ってなものが
ありませんわ。似顔絵塾の中でもナンバー1の刺客。
日頃はゆったりとしたお姐さまですが、筆を持たせたらこんなに
怖い塾生はおりませんです。
「モモタさんがくれた前回の水戸での個展の感想の手紙に『ダンナ
さんが超イケメンで驚いた』って書いてあったでしょ?
いや~~顔で選んで失敗したわあ!!」。。。ってあんた(笑)
姐さん、モモタも一度でもいいから言ってみたいセリフでっせ。

sakanisi.jpg

水戸での個展の案内状。この似顔絵はかなり大きくて迫力ありまっせ。


それから徒歩で新富町の「アラタニウラノ」にて「加藤泉」展へ。
去年の上野の森美術館であった「ネオテニー・ジャパン高椅コレクション
展」で彫刻群を見て、そのプリミティブで人間の奥底にある「見てはい
けないもの」「触れちゃいけないもの」的な存在感に
圧倒されました。
も~~凄く「嫌!!!」で、一瞬目を覆いたくなるんですが、その
指の隙間からついしっかりガン見しちゃう~~ってな。。。なんなん
でしょうか、この抗い難い吸引力は。

top.jpg

ほぼ人と等身大。部屋の隅でこっち見てる!!!(T^T)
胎児のようなオトナですね。見てる方が不安感一杯になっちゃう。

185261_c450.jpg

。。。。ってなこんな感じで、油絵もあるのですが、こっちも
いったいどこを見たらいいのか分からないくらいに不安な
タブローでして。。。この、泉さんの最新個展!!!是非見ないと!!
てなノリで行ったのですが。。。

会場に入った瞬間に。。あ、奇麗。可愛い。解りやすい。。。
「泉君!(知り合いではありません:笑)一体何があったの!?」
と、思われるくらいに洗練されてまして。
ええ、一つ家に欲しいな~~って思っちゃうくらいに。
ああ、でも何かを無くしてる(T^T)そっちに行って欲しく無い~~!!
君はいつまでも「鬼っ子」として、嫌~~で根源的な作品を作って
欲しい~~~!!幸せになっちゃダメだ!!!(←おい、おい)
ってな心の中で叫んでしまいましたわ。
こっち側に来ちゃダメ!(って勝手な観客の戯れ言ですが)

わ、解りやすいか?(笑)

izumi1.jpg

izumi2.jpg


え?欲しく無い?

作家もいろいろ紆余曲折して作風も変わるもんですよね。
でも、やっぱ残念。

それから、乃木坂の「国立新美術館」の「ルーシー・リー」展へ。

次回へ続く♥



●映画「17歳の肖像」(4.0点)

aneducation_main.jpg
1961年のロンドン郊外。16歳のジェニー(キャリー・マリガン)は
オックスフォード大を目指す優等生で、毎日勉強とチェロの練習
(それも進学に有利だから!!)に明け暮れる退屈な日々。

ある日、チェロの練習の後、雨にずぶ濡れになって
るとこに30代の魅力的な「大人」の男性デイビッド
(ピーター・サースガード)に声をかけられ、恋に落ちる。

初めてのナイトクラブや音楽会やドッグレースやオークション。。。
眩いばかりの大人の世界に引き込まれ魅了された彼女は。。。

education.jpg

1961年と言えば、まだビートルズ前夜。
そのイギリスの家庭の倹しくもきちんとした生活ぶりが、なんか
懐かしく感じますね。それとどこの国よりも階級社会の厳しいって
こともミソ。なんせこの生活から抜け出すには「より良い大学に入り、
より良い階級の人と結婚して金持ちに♪」ってなも~~身も蓋もない目標を
掲げ、実践する姿。(ああ、日本も何だかんだとそのまんまだしなあ。
子供に受験勉強させるモチベーションの一つに言いがちですわ。
1b67e93d.jpg

と、胸に手を当て反省モード。。。いや「金は邪魔にならん」しな(笑)
目標の一つか←おい!)全世界的な隠れた本音の部分です。

このジェニーがキュート。オックスホード目指す知性と、ハイティーンらしい
つっぱり(喫煙、制服を崩して着る、夜な夜なグレコのシャンソンのレコード
をかけて憧れのフランスに思いを馳せる。。。)もあって、石頭で吝嗇な父親
にも反抗しつつも従う。。。ってなある意味「普通のティーンエイジャー」
なんですが。

同級生のBFはどんくさいけど、まあ、当時の真面目な男子は似たようなもの?
学校の女教師はガリガリでひっつめ髪で黒ぶち眼鏡。。骨までカビが生えて
そう。。。ああはなりたくない!くわばらくわばら。。。

そんな時代の空気と受験生というダブルに閉塞した時に、30代のお金持ちで
かっこいい大人の男が目の前に現れ口説かれたら。。。。堪りませんよね♪

デイビットには親友カップルがいて、彼らのハイソな豪邸や生活は
眩く甘美!!
彼女のファッションの指南役のヘレン(ロザムント・パイク)が
いい味出してます。金髪碧眼で長身。オシャレとファッションにしか
興味も価値も置かないお姉さんなんですが、どことなく抜けてて
可愛いのよん。普通は性格悪く描写しがちなキャラクターなんですがね。
(実はこのロザムンドは実際はオックスフォード出のインテリ役者!!
てとこが凄い。本当の意味で役者ですわ)
335600_031.jpg

それと、も~~どうしようもなく頑固で、おまけに実はコンプレックスの
裏返しで娘をいい大学に入れようと躍起になってる父。。。どっかで
見た事あるなあ。。。と、思いきや
                   ぱぱ♪
                    ↓
photoga5_large.jpg

な、なんとあの「スパイダーマン2」の怪しいオクタビアス教授役で
気炎を吐いてたアルフレッド・モリーナでしたあ!!
S-3366.jpg

しみじみと皆さん役者(笑)
なんせ一番の驚きは(まだあるんかい?)主人公の瑞々しい17歳を演じきった
キャリー・マリガンが撮影当時22歳!!だったとか。
そりゃあ、大人の夜の世界にデビューした瞬間に一気に妖艶になるわけだ。
反対にあの制服姿に騙されたわけね!!女は怖い(それが結論かい:笑)

中盤から見え隠れする不穏な空気。そしてほろ苦い(こっちから見れば
ですがね)結末。彼女にはこの恋が原題の「An education」、そう、
「人生の教育」だったのですね。「オトナ」の階段を一歩上ったのですわ。

この心をキュン!と掴む秀作はいかにもイギリス映画っぽですね。
。。。脚本はニック・ホーンビィじゃありませんか!!あの
サッカー小僧の心境を余す事無く綴った傑作「僕のプレミアライフ」
の作者だあ!!ああ、これまた語り出すと止まらなくなるので
自粛しますが、なるほどそうか、そうかどうりで洒落た脚本な
わけですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。