スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●映画「(500)日のサマー」(4.4点)

soodays1.jpg
建築家を目指してたが、諦め今では
グリーティングカード会社のコピーをしているトム(ジョセフ・ゴートン
・レヴット)は、「運命の恋をする♪」ことを夢見るロマンチスト。

そこへ、新入社員のサマー(ズーイー・デシャネル)と
出会い、彼は恋に落ちるのだが、サマーはなんと全く「真実の愛」
など全く信じない女性だった!!。。。
二人の恋の行方はいかに??!!


レディスデーを利用して、日比谷のTOHOシネマズシャンテ(旧シャンテシネ)
に。。。が!なんと今まで見た事無いくらいの長蛇の列が!!
隣の公園まで繋がってます。
初回だというのに、それも放映30分以上前だと言うのに。。。
やはり朝日新聞での映画評が良かったから,人が集まってるのかしらん?
。。。。
やれやれと、思いつつエレベーターぎゅうぎゅう詰めで上に
上がったら。。。あら!皆さん途中で降りて行かれます(笑)
「ジュリー&ジュリア」かあ。。。で、残ったのは3人、
それもモモタを筆頭にハラに一物持つ「ちょい恐」系単独オバさま
ばかり。ええ、真っ当なオバ様軍団はメリル様のお料理映画に
行かれますわね。妙に納得(笑)

この映画は一見、甘ったるいアイドル系ボーイ・ミーツ・ガール
ものを連想しちゃいそうですが。。。

設定が「運命の人を夢見る男性」と「真実の愛なんか信じない
女性」ってとこが、普通と逆。
そのあたりも結構ウブな男の子と内面がクールでちょっと変わった
女の子との恋愛ってみればどうってことないですが。

500days.jpg

そして何故(500)日なのか。。。それは、ストーリィが時系列でなく
トムがサマーに恋した(1)日目から始まるのでなく、例えば(329日目の
場面に行ったり、(7)日目に戻ったりと、あちこち行きつ戻りつ
進むからで、これもミソ。
あちこち潜む伏線や、ちょい見せのシーンで観客をミスリードさせ、
後からなるほど!!!と、思わせる。ただちょっとくどいとこ
あるので、もう少しカットした方がもっとすっきり見れるかも。

脇役のキャラがくっきり立ってて,ローティーンの「恋に熟練してる」
少女に恋愛相談するトムの藁をもすがる気持ちとか、会社のボスが
トム以上にロマンチックだったりとか、洒落たセリフや乾いたユーモアが
散りばめてありクスクス笑いっぱなし。
音楽や洋服のこだわりもなかなかです。

で、そのまま素敵なハッピーエンドへ。。。と、思いきやラストの
終わり方は「ああ!!そうだよね、恋愛ってそういうもんだよね!!」
と、会場から湧く(豊富に経験したであろう:笑)シニカルで
甘い笑い。。なかなか一筋縄ではいかない「オトナな」オチ。

実は、スイートな着ぐるみを着たとんでもなくビターな「恋愛の本質」
映画なんですよねえ。

帰り道、恐いオバはん達ニコニコしちゃってました(笑)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。