スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●読書「リハビリの夜」熊谷晋一郎著/医学書院刊

rihabiri1.jpeg 
  
現役の小児科医にして脳性まひ当事
者である著者は、あるとき「健常な動き」を目指すリハビリを諦めた。
そして、《他者》や《モノ》との身体接触をたよりに「官能的」にみ
ずからの運動を立ち上げてきた。リハビリキャンプでの過酷で耽美な
体験、初めて電動車いすに乗ったときのめくるめく感覚などを、全身
全霊で語り尽くした驚愕の書。

(医学書院サイトより)

いやはや、この表紙の目は強烈ですねえ(笑)
何なんだ?この目力は。。。と、中身を見るともっとぶったまげました。
目次の文字面だけ読んだらこれっていったい!?ってな扇情的な言葉が。。

序章 リハビリキャンプ
第一章 脳性まひという体験
 1 脳内バーチャルリアリティ
 2 緊張しやすい体
 3 折りたたみナイフ現象の快楽
 4 動きを取り込み、人をあやつる
第二章 トレイナーとトレイニー
 1 ほどかれる体
 2 まなざされる体
 3 見捨てられる体
 4 心への介入が体をこわばらせる
 5 体への介入が暴力へと転じるとき
 6 女子大生トレイナーとの「ランバダ」
第三章 リハビリの夜
 1 夕暮れ
 2 歩かない子の部屋
 3 歩く子の部屋
 4 女風呂
 5 自慰にふける少年
第四章 耽り
 1 対比に萌える
 2 取り込めないセックス
 3 規範・緊張・官能
 4 打たれる少女
第五章 動きの誕生
 1 モノと作り上げる動き
 2 人と作り上げる動き
 3 「大枠の目標設定」が重要な理由
 4 世界にそそぐまなざしの共有
 5 助け合いから暴力へ
第六章 隙間に「自由」が宿る-もうひとつの発達論
 1 両生類と爬虫類の中間くらい?
 2 便意という他者
 3 身体に救われる
 4 むすんでひらいてつながって
 5 衰えに向けて

筆者はなんと脳性麻痺で東大医学部卒の現役の小児科医の熊谷晋一郎氏。
出産時の酸欠状態で生まれ、生まれつき「思ったように身体が動かせ
られない身体」に。
物心ついた頃から,夏は親の元を離れて「リハビリ合宿」へ行くも、
「健常者の動きを出来るように矯正させられる」毎日。。。
ストレッチでこわばる身体をほぐして行くと、ある地点でぐっと
身体の力が抜けて床に溶けていく「折りたたみナイフ現象」(知らなかった。。
)の快楽とか、動けない故に圧倒的な力で押さえつけられたり、抱擁される
全てに身を委ねる事に寄る圧倒的な「敗北の快感」など、当事者しか
語れない話のてんこ盛り。
緻密で医学的なアプローチから、感覚的肉感的な、本人の弁では「官能的」で
真摯な内面の吐露に釘付けです。

リハビリ中にトレイナーから「もっと腰を起こして」と言われ、
おもむろにこのあたりかな。。。と、動かすと、「そこじゃない!ここ」と
触られた場所が意外な場所で、自分に取っての他者が現れ、それが続くと
自分の身体全てが他者になってしまいいよいよ動けなくなる。。。
そんなこと考えた事さえなかったんで、ハっとしますよね。

そして読めば読む程、他人事でないことにも気づきます。
そして自分も遠く無い将来には介護する側、介護される側になるんですよね。
「ほどきつつ拾い合う関係」
「まなざし/まなざされる関係」など、トレイナーとトレイニーの
関係論も面白い。表紙の目はしっかり「まなざし」てますね。

ところどころある挿絵がこれまた素朴なんだけどプリミティブな力の
あるイラストでして、筆者の感性とぴったりマッチしてて素晴らしいです。
これが熊谷氏。。。
kumagaya.jpeg

はい、やはり凄い目力です(笑)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。