スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●展覧会「neoneo展 Part1[男子]」@高椅コレクション日比谷

neoneo.jpg

精神科医高橋龍太郎氏のコレクションは、今の若いアーチストが中心。
先日、上野の森美術館であった「ネオテニー・ジャパン」展は
彼の1000点以上ものコレクションの中から「幼形成熟」をキーに
選別され、玉石混淆あるものの、今現在の若い潮流
がはっきり分かった展覧会。(ただいま全国巡回中)

そして今回は、それよりもっと若い世代、すなわちネオ・ネオテニー
(60~80年生まれ)20人の作品
を「男子」と「女子」に分けてやってます。
今は、Part1の「男子」の部。

neoneo-dannshi-2

会場の「高椅コレクション日比谷」は丁度、昔のシャンテ
シネ、今の東宝シネマズシャンテの向かい側、日比谷三井
ビルディング1階に。
高椅氏が11年前に草間氏の作品を購入(まあ、それだけでも
パンピーには無理な話:笑)して以来コレクションを開始
したそうで、画廊オープニング展覧会が「草間彌生」展。。。
多分,その時のインスタレーションの水玉模様がそのまま
外装に使われてるんでしょう。。。かわゆいです♪

作品は全体的に脱力系の物が多く、「ネオ・ネオボーイズは
草食系?」ってな、高橋氏やキュレーターの声高々な声明文(笑)

「 女子にはあたりまえに許されていた自己愛に、男子が本格的
に目覚めるとき、そこには未知なる表現が表出する」
(宮村周子(編集者、来来/LaiRai)
から
「いや。。。」「そんな、たいそうな。。」「別に」
とか言って逃げそうな、それこそゆらゆら揺れる現代の
若者男子が見えてくる仕組みです。

目玉ぎょろぎょろの裸の幼児的姿勢の自画像を描く
日野之彦氏の気色悪さは相変わらずだし、生きながら
死んだ目を持つ人物像を描く小西紀行氏の作品も
絶対部屋に置きたくない(笑)。。。けど、その
心に引っかかる存在感は凄い。
この展覧会も玉石混淆で見る目があるのかないのか?(笑)
ですが、、高椅氏の「やろうとしてること」
は特筆ものですね。若い芸術家の有数なパトロン。
どんどこ本業の病院で稼いで芸術に費やしていって
もらいたいです。精神科かあ。。。確かに
精神的彷徨と芸術との親和性をつらつらと考えてしまいます。

Part1の「男子」が草食系ならPart2の「女子」は肉食系でしょうね?(笑)

会期:10月18日まで。一般300円。
で、一回行くたびに1点で、6ポイント貯めたら作家のカード
10枚貰えるそうです。。。。普通カードは150円で売るから
1800円使って1500円分バック!?商売っけあるんだか
ないんだか(笑)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。