スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●映画「サンシャイン・クリーニング」(3.9点)

sunshine1.jpg
ローズは、30代半ばのシングルマザー。ハウスクリーニングの
仕事をしつつ息子のオスカーを育ててる。妹のノラにオスカーを
預けて不動産業の資格を取りに学校へ。。。行くつもりが、
元カレの刑事マックとの不倫中。
実はローズは高校時代はチアリーダーで彼氏はアメフトの選手という
「学園のアイドル」だったのが、20年経った今は、過去の栄光。
素行の悪いフリーターの妹、変人で商売に手を出しては失敗する父、
なかなか学校という集団になじめない問題児の息子、彼らの面倒を
みつつ、生活に疲れ果ててるローズにマックは実入りのいい
「事件現場の清掃」の仕事を勧め、ノラと見よう見まねで始めた
のだが。。。
sunshine2.jpg

本当に人の人生って紆余曲折、アップ&ダウン。。。色々ありますよな。
高校の、ましてやあのアメリカでは特に、NO.1チアリーダーのアイドル
度は凄まじいでしょうね。明るい未来が全て自分のもの!って感じ?
(想像するだけってとこがな。。。笑:T^T)
で、20年経ってみたらタダの人。。以下。自分も家族も周りもルーザー
(敗北者)ばかり。おまけに不倫中の素敵だった元カレも今や
普通の恐妻家の中年オヤジ。しょぼい!しょぼ過ぎる~~!!
って一発逆転で選んだ職業が、自殺や殺人事件現場の後の清掃業。
このいくつかのシーンがあの「おくりびと」で納棺師が訪れる現場と
酷似してますね。畳の上(ベッドか?:笑)で家族に看取られること
が希有であること。
今は大多数である体中にチューブを繋がれての病院での最期が
なんて幸福!!ってな状態です。

まあ、ローザは現実的なんで、敢えて仕事と割り切ってテキパキ
片付けるんだけど、意外と不良ヤンキー系のノラが、繊細で、
ある現場で死者のプライバシーに踏み込んで行ちゃうんですよね。
まあ、繊細であるが故のヤンキーでしょうが。
彼女の鉄橋の下から手を挙げて度胸を競う(?)ヤンキーシーン
(笑)がとても奇麗。一瞬の煌めきを愛する姿。

出て来る人たちのキャラがもう変なのばっかでしょぼいところが
どこかあの「リトル・ミス・サンシャイン」と似てるな。。。
人生に不器用なヤツの巣窟(モモタ的には息が出来そうな空間)
。。。
って思ったら、なんと制作クルーが同じ!!なるほど、
あの優しいけどベタベタしてないルーザーへの視線の心地よさが
同じはずだ!
で、何故だか「サンシャイン」が好きなのね(笑)

ただ「リトル~」の方が終わり方が優れてて、「クリーニング」の
方がややご都合主義だけど、この「ささやかで不器用な家族」の
再生のお話にはよい落としどころ。
最後にオープニングの話はナンですが、いきなりの強烈なシーン
から始まるんで、ポップコーン吹かないように♪です。

元気になる佳作です♪
sunshine3.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。