スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●映画「愛を読む人」(3.7点)

reader.jpg
1958年のドイツ。15歳のマイケルは、ひょんなことから21歳年上の
ハンナと出会い、初めての情事にのめり込む。
ハンナはマイケルに本の朗読を頼み、情事の後先に本の世界に
旅するのが日課となり、増々,心が触れあう。ところがある日、ハンナは
忽然と姿を消す。
そして月日が経ち、法学科の大学生にとなったマイケルはある日、
傍聴した法廷の被告席にあのハンナを見つけて呆然とする。。。。

いや~~相手が15歳は犯罪でしょう(笑)
まあ、その辺を大目にみたらこの関係は男女ともある種理想でしょうね。
経験の少ない少年を導く年上の魅力的な女性。。。古今東西
よく題材にされますし、甘美。前半のセックスシーンの多さに
「いかがなものかと」異議を唱える人多いみたいですが、これは
この状態なら、けっこう真実だろ~~な(←おい!)
ハンナ役のケイト・ウインスレットもタイタニックから12年!いやはや
身体の線が崩れ始めてるのも何のその、反対に、ちょうどいい
「イタさ」が出てて、この場面に上手くフィットし陰影が出てます。
ハンナの失踪から、一気に場面は変調。法廷へ。
彼女の秘密が一つ一つ暴かれて行きマイケルも観客も意外な
展開にびっくり。。。。
reader-2.jpg←あくまでも、「朗読者」な成人マイケル君。。。。。本を読んであげることが愛すること。

この映画のテーマは「罪と恥」(前半のエロがあるから引き立つ)
戦時下の国家からの命令に忠実であること、自分の職務に
厳格であることと、人間として何が「恥か」(ハンナの恥や矜持
の立ち位置の純粋さと奇特さ)、何を許し、何を罰するのか。

出会いの最初から最後までどこかこの2人は心の底が醒めていて
日本人的ベッタリ感がないとこが面白かったですね。

昔のTVドラマ「私は貝になりたい」(中居じゃなくてフランキー
堺のほうね:古!)のテーマとかぶりますなあ。。。しみじみ。
まあ,蛇足ですが、ドイツが舞台ならドイツ人でドイツ語で
演じて欲しいっすね(笑)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。