スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パイド・パイパー 自由への越境」ネビル・シュート/創元推理文庫

pied.jpg
舞台は1940年夏のスイス近くのフランスはジュラの山村。
現役を退いた70歳の老弁護士のハワードは、息子の戦死と言う
傷心を癒す為にロンドンから釣りをしに訪れてた。
で、ここで戦局が悪化。ロンドンに帰ろうとするんだけど
なんと、ある一家と出会い、8歳の男の子と妹の2人の
子供を連れて帰るはめに。
一言で言えば、イタリアが連合軍に宣戦布告し、ドイツの
占領下になったフランスの端から端までをイギリス人の老人と
子供が旅する。。。。地味な話(笑)。。。なんだけど、これが
またハリウッドムービー並の手に汗握る素晴らしさ!!!

自身が70歳のイギリス人と言うことがバレたら強制
収容所送り必至な老人。おまけに子供たちは英語を
しゃべっちゃいけない!ってのにポロっとしゃべったり、
喧嘩したり、戦車で遊びたがるし、お腹空く(当たり前か)けど
食べるのが遅かったり、ぐずついたり、熱出したり!!
水浴びしたくなるし。。。もう大変!!!
そうなのですよ、「子供とはこーゆーもの」という
的確な描写に説得力有り。

敵地からいかに逃げ出すか?ってな話はごまんと
あるけど、老人の機智と勇気と時に子供の愛らしさと、
女性達の母性愛とで切り抜けて行くのですよ。
おまけに(まだおまけがあるのか!?:笑)困難な旅の途中に
ホテルメイドの姪っ子、息子と縁のあるフランス人
女性ニコラと2人の孤児、ポーランド系ユダヤ人の子供さえ
拾い!!!!!イギリスへ目指す。。。

これって「ハメルンの笛吹き」じゃん。。。って
思ったら、題名の「パイド・パイパー」は「笛吹き」
の意味だそうで(笑)
ああ、だから言葉の通じない子供たちの心を
一瞬で掴んじゃう草笛の名手ってな設定もなるほど!
と。
まあ、反対に血気盛んな若者だと目立つところ、
老人、女、子供という戦争弱者だからこそ動けた
とこもあり。

終盤のゲェシュタポとの遭遇(T^T)とあっと驚く結末に拍手。
フランス人女性ニコラとハワードの息子のジョンとの
恋愛話も切なく素敵です。
ハワードの最初から最後までブレない姿勢とニコルの最後の台詞。
しみじみといい♪

あ、一つ出版社に注文が。出来れば彼らの通った道筋を
辿りたいので地図を載せてくれたらなあ。。。
と、思いました。googleとかで調べても細かな地名が
分かんなかったし。









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。