スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パイド・パイパー 自由への越境」ネビル・シュート/創元推理文庫

pied.jpg
舞台は1940年夏のスイス近くのフランスはジュラの山村。
現役を退いた70歳の老弁護士のハワードは、息子の戦死と言う
傷心を癒す為にロンドンから釣りをしに訪れてた。
で、ここで戦局が悪化。ロンドンに帰ろうとするんだけど
なんと、ある一家と出会い、8歳の男の子と妹の2人の
子供を連れて帰るはめに。
一言で言えば、イタリアが連合軍に宣戦布告し、ドイツの
占領下になったフランスの端から端までをイギリス人の老人と
子供が旅する。。。。地味な話(笑)。。。なんだけど、これが
またハリウッドムービー並の手に汗握る素晴らしさ!!!

自身が70歳のイギリス人と言うことがバレたら強制
収容所送り必至な老人。おまけに子供たちは英語を
しゃべっちゃいけない!ってのにポロっとしゃべったり、
喧嘩したり、戦車で遊びたがるし、お腹空く(当たり前か)けど
食べるのが遅かったり、ぐずついたり、熱出したり!!
水浴びしたくなるし。。。もう大変!!!
そうなのですよ、「子供とはこーゆーもの」という
的確な描写に説得力有り。

敵地からいかに逃げ出すか?ってな話はごまんと
あるけど、老人の機智と勇気と時に子供の愛らしさと、
女性達の母性愛とで切り抜けて行くのですよ。
おまけに(まだおまけがあるのか!?:笑)困難な旅の途中に
ホテルメイドの姪っ子、息子と縁のあるフランス人
女性ニコラと2人の孤児、ポーランド系ユダヤ人の子供さえ
拾い!!!!!イギリスへ目指す。。。

これって「ハメルンの笛吹き」じゃん。。。って
思ったら、題名の「パイド・パイパー」は「笛吹き」
の意味だそうで(笑)
ああ、だから言葉の通じない子供たちの心を
一瞬で掴んじゃう草笛の名手ってな設定もなるほど!
と。
まあ、反対に血気盛んな若者だと目立つところ、
老人、女、子供という戦争弱者だからこそ動けた
とこもあり。

終盤のゲェシュタポとの遭遇(T^T)とあっと驚く結末に拍手。
フランス人女性ニコラとハワードの息子のジョンとの
恋愛話も切なく素敵です。
ハワードの最初から最後までブレない姿勢とニコルの最後の台詞。
しみじみといい♪

あ、一つ出版社に注文が。出来れば彼らの通った道筋を
辿りたいので地図を載せてくれたらなあ。。。
と、思いました。googleとかで調べても細かな地名が
分かんなかったし。









スポンサーサイト

「シークレット・サン・シャイン」2008年映画評。

secret.jpg
ソウルで夫を交通事故で亡くしたシネが息子ジュンと再出発を
夫の故郷「密陽(ミリャン)」で始めた。
健気に生きるシネを、不器用にまとわりつくことでしか愛情を
表現出来ない自動車修理工場社長のジョンチャンの一方
通行の恋のお話?。。。ってな前半。
ダラダラと続くメリハリのない描写にいいかげんに飽きて
きたし。。。いくら悲しい過去があるとはいえ、かな~り性格
破綻気味でプッツンなシネと、不器用ちゅうより単にダメダメ
な無神経男じゃん!的なジョンチャンにあんまし感情移入
出来ない。あ、でもこの閉塞感、扁平感は、田舎生活
そのものだ!って気づく。この監督案外上手いじゃん(笑)

で、中盤の信じられない転調!!ここまでやるか!ってな
不幸がシネに起こる。
ここからが、実はこの映画の真骨頂。深い深いテーマが
見えてくる。
人はいかに「宗教にハマるか」
「神の不在」への帰結。
「宗教の限界」。。。。それをとても分かり易く、魂に響かせる
ように表現するイ・チャンドン監督凄過ぎ!!
 なんせ、あのキリスト教国の韓国でこのテーマは挑戦的。
ゾクゾクしちゃいますね。かなり冷静な視線です。

シネ役のチョン・ドヨンは日本の女優で言えば、大竹しのぶか
永作博美か寺島しのぶ。。。ええ、しのぶ派(笑)的演技です。
ジョンチャン役のソン・ガンホもかなり上手いです。
自然に、「軽く扱っていい男」役が出来る。
最後に微かな「日の光がうっすら差し込む」気配がある
と、解釈したいけど。。。。ど~かなあ(笑)





「百花(ももか)」百田まどか個展のお知らせ。

poster_convert_20090122151940.jpg

6年前(!)に東京大丸画廊と梅田大丸画廊でやって以来の
個展です。フットサルとかジムにかまけておりまして、やっと
文字通り、見ての通りの重い腰が上がりましたっ。
昨年11月の東京ビックサイトのデザインフェスタに参加した
時に、ギャラリー・ルベロのオーナーさんにナンパされ、
あれよあれよと言う間に決定。何しろ3ヶ月しか準備期間が
ない!!!が、6年間発表してない作品も山積みなんで、
その中からと、大物を描き下ろしてる最中です。
乞うご期待!(←自分を追いつめないとイカンタイプ:笑)

日時:2009年3月3日(火)~3月8日(日)
        11:30~6:30(基本的に在廊です)
住所:東京都品川区上大崎3-5-18 
                                  03-5421-5518
         ビストロ&ギャラリー ルベロ 

目黒駅から目黒通りをみずほ銀行沿いに白金方面へ。
ファミリーマートを越えて目黒駅郵便局手前の露地を右
に曲がったところにあります。

館内放送。

enikki090122.jpg
昨日の帰宅途中で寄った某駅ビルで、エレベーター
待てったら、大音響で館内放送あり。
ご丁寧に、3回リピートされてました。

「ばかもの」/絲山秋子/新潮社

bakamono.jpg
読書は三度の飯並みに好きで、出勤前、出勤中、トイレ、
風呂、寝る前に主に読んでます。悩みはすぐ読んじゃうとこ(笑)
だって、1~3日毎に新しい本購入はキツいっす。
まあ、酒飲めないから、飲み代考えればたいしたことない?

で、昨日、ふらりと入った紀伊国屋で、カヴァー買いしたのが
この本。いいなあ、この題名とこのイラスト(笑)

19歳のヒデは10歳上の額子と付き合って、
(このシチュエーションは男女とも嬉しい:笑)二年後に
ポイされちゃう。ヒデはその衝撃で少しづつ崩れ始め
アル中に。それから10年後に再会。
話はそれだけ(かい!:笑)
この本では、最初に若い額子がヒデに「ばかもの」って言う
んだけど、最後にも言う「ばかもの」には、2人の経験と
万感が籠ってる。
悪くはないけど、彼女の作品では「袋小路の男」の方が
好み。






今年の流行。

090120_convert_20090120154621.jpg
通勤の某埼京線の混み具合は凄いっす。
まあ、ちょっとやそっとの混み具合じゃあ、屁とも
思いませんが、難儀なのが,今年流行のコートのフード
のファー!!!!女性はともかく、男性もお前もか!?って
いうくらい着てて、そのホワホワがモモタの鼻に直撃さ。
今朝など、四方八方見事にファーに囲まれて,逃げ場
無し!!!もがくモモタに振り返る兄ちゃんは
「お前なんか触ってねえよ!このクソババ!」的視線
ビシバシ(T^T)ちっ!


ル・オタク  フランスおたく物語/清谷信一/講談社文庫


このところ、今更ながらのマイ司馬遼太郎フェアで、「坂の上の雲」
「世に棲む日日」「龍馬がゆく」
等20巻ぶっ通しで読み、心が侍化(笑)
バランス取る為にサイバラ師匠の「毎日かあさん5」で心を洗い
(相変わらず、人としての重心が低くて、意地悪でほっこりしてる)
mainitikaasan5.jpg
本屋で、この「ル・オタク」を手にして、すっきりさせるつもりが
。。。。フランスのオタク事情に目眩が(笑)
著者は、もともと軍事ジャーナリスト。この頃、TVなどで話題になってる
フランスのアニメオタクの現状のレポですね。
何故フランスで受けるのか?ってなことがTV創成期からの歴史等
から考察。フランスTVアニメの歴史。。。ってこれってフランス人も
びっくりのオタクぶり(笑)やれやれ。。。疲れちまった。

できそこないの男たち/福岡伸一/光文社新書


ベストセラーの「生物と無生物のあいだ」の福岡伸一ハカセの新作。
よくニュースなんかで、ヒトゲノム解読!とか人間の祖先は
アフリカに住む一人の女性から発生した!とか、生物学的なトピックス
が取り上げられるけど、。。。で?それが何か?ってな、一瞬へえ!と
思いつつ、いまいちよく分からずに、なんとな~く忘れ去ってる
ことって多い。
モモタは高校の時、理科は生物を取りました。その教科書に
ワトソン・クリックのDNA二重らせんの記述があり、発見されて
まだ20年くらいだったのにもう教科書に載り(普通なのかな?)
「生物学の世界は日々発見の世界なんだよね。毎年のように
教科書の内容がかわるんですよ♪」」と語るミトコン(先生のあだ名。
細胞内のミトコンドリアのことですね。クネクネしててとりとめ
無かったし:笑)のキラキラした目を思い出します。

で、この本。目からウロコ。いやはや、男性は目にウロコつけたく
なるでしょう。この本は社会学的ではなく「生物学的」に、男女
どちらがデフォルト(基本形)か、ってことを書いてます。
それはどっちが上だとか下だとかとか優秀かとかってな
ことでなく、「生物学的事実」として。

この本の第七章「アリマキ的人生」が象徴的エピソード。
よく草花にみっちりついてるアリマキは、なんとメスしか
いない。日々、自分のクローンを生み続けるんだけど、
冬期の厳しい環境を越える為に秋口になると、オスを
生み始める。オスはただ、秋が終わるまでにメスと
交尾し続け、卵を産ませ、死に絶える。仕事は、交尾のみ!
春に孵るのはまたしてもメスのみなのですよ。。(およよ)
ほんの一瞬現れたオスによってメスとメスの遺伝子が
わずかに交換されたわけですね。
ええ、単為(たんい)生殖なだけじゃん!ってことですが(笑)
でも、それだと、環境の大きな変化で全滅しちゃう可能性が
あるので、オスが必要になったわけです。
「本来、すべての生物はまずメスとして発生する。
何事もなければメスは生物としての基本仕様をまっすぐ
に進み立派なメスになる。このプロセスの中にあって、
貧乏くじを引いてカスタマイズを受けた不幸なものが、
基本仕様をそれて困難な隘路へと導かれる。
それがオスなのだ。ママの遺伝子を,誰か他の娘の
ところへ運ぶ「使い走り」。現在すべての男が行ってる
ことはこういうことなのである。アリマキのオスであっても
ヒトのオスであっても。」(本文より)

この本は、最新の分子生物学の説明だけでない、福岡
ハカセの文学的考察や語りが魅力的。業界での仁義無き
先陣争いのエピソードも凄いし、最後の、ハカセが語る
「アノ感覚」(射精時の快感ですな:笑)の考察などは
微笑ましく感じましたぜ。

2008年の映画Myベスト10発表(え?どうでもいい?:笑)

1/8のブログに昨年見た映画をダラダラ書き逃げいたし
ましたが、全部の感想を書くのもナンですので、取りあえず
モモタの琴線に触れたベスト10を発表いたします。
1. アクロス・ザ・ユニバース
2.シークレット・サン・シャイン
3.コロッサロ・ユース
4.接吻
5.ザ・フィースト
6.潜水服は蝶の夢を見る
7.シャイン・ア・ライト
8.ファニ-・ゲームUSA
9.ノーカントリー
10.闇の子供たち
以下、人のセックスを笑うな、エディット・ピアフ、わたし大好き、
アフタースクール、ハッピーフライト、トゥヤーの結婚
あたりが好き♪

1.アクロス・ザ・ユニバース
across the unverse
ご存知、ビートルズの名曲が題名のこの映画は、なんと
全編にわたってビートルズのヒット曲が編み込まれてて
隠れマニアなモモタは感涙もの。

人影が疎らな寂れた浜辺に座るイケメン君がおもむろに
歌いだした曲が「Girl」。なんたるファーストシーンでしょうか。
なんせ、主人公の容姿が若きポールそっくりなんだもん♪
(モモタはレノン派でしたが)声がまた艶っぽくて☆☆☆
もう、このシーンだけで胸掴まれ、ノックアト(笑)

1960年代。リバプールからアメリカへ父を探しにやってきた
ジュード。父との再会は失望に終わったけど、新しい友人
マックスと妹ルーシーと出会い。。。って、この登場人物の
名前だけで思わず笑っちゃうのが、団塊世代&マニアな
皆さん!これらは、ビートルズの曲に出て来る名前ばっかり
で、彼らがNYへ移り住んだ先で出来た友人ギタリストが
ジョジョ。。。これは「Get Back」ですね。
ちなみにジュードは「Hey Jude」マックスは「Maxwell's Silver
Hammer」だし、ルーシーは「Lucy in the Sky
with Diamonds」。

この映画は、60年~70年代の青春と恋愛をビートルズの曲で
綴ったもの。ただただ懐かしいのだけど、それだけでない
超一流の「反戦もの」。
昔、映画「スタンド・バイ・ミー」を見た時、この曲はずっと
恋愛の歌と思ってたのが、映画では「ずっとそばにいて」
って言葉が甘酸っぱい時代を迎える前の少年同士の友情が
永遠に続いて欲しいってな意味になってて、ピリリときまり、
目が覚める思いをしました。

「アクロス~」でも「I want You!」の解釈と使い方には
もう大爆笑&感動もの。このミュージカルシーンのシークエンス
はかなり高度な「現在のアメリカへの痛烈な批判」が描かれて
ます。上手い!!

甘くて感動的なラストシーンは臍が曲がりくねってるモモタが
一番嫌うんですが、もうこれしか無い!!!って言うくらいグッド。
さあ、TUTAYAへ走って下さいまし♪

友人の「B級変態映画倶楽部」怪鳥のクワバラアツコ女史から
「期待しないで時間つぶしに見たんだけど、結構いいよ」
との情報で見たんだけど、マニアなモモタには直球
ド真ん中ストライク。
感動して、「あの造船会社でジュードが給料もらう為に並んだ時、
係のオジさんが『俺はもう64歳だからなあ』って言うじゃん?
あれって『When I'm Sixty-Four』からだし、マックスが
銀のハンマーを持ってカンカン叩くシーンは『Maxwell's Silver
Hammer』の中のど~でもいいハンマー殺人者の歌から
だし~~~♪前半の若者5人が町中を駆け巡るシーンは
『ヤア!ヤア!ヤア!』そのものだし!だいたいビートルズは
5人いたし!!ラストの屋上は~~以下略:笑」
と、ほとんど鼻膨らんだトリビアモモタ状態(笑)
手に終えません。
でも、そのクワバラさんが「マニアじゃなくてもメチャクチャ
面白かったです」と一言。これは重い(体重ではない:笑)。





「寂聴と磨く『源氏力』全五十四帖一気読み!」/「百万人の源氏物語」委員会編/集英社新書

32156655.jpg

一昨年から昨年の半ばまで、あの橋本治氏の「窯変源氏物語」
全14巻読みました。ええ、あのただでさえメチャ長い国民的
長編小説なんですが、治ちゃんのフィルターがかかると
これまたねちっこく、くどく、しつっこい!!!。。。が、しか~し
読み始めると癖になって、読書途中で、どんなにこってりした
作家の小説もあっさり物足りない(笑)
紫式部と治ちゃんという霊媒師にやられた一年でしたっ。
images.jpg

それから、源氏千年紀ってこともあり、何冊も関連本読みましたし、
友人の源氏マニア達とは今もしTVドラマ化されたら配役は
誰がいいか?!但しギャラ無視(笑)
ってな一覧表を書いて盛り上がったり(これは傑作なんで
いずれアップしますね)

で、集英社のKさんから「モモタ、はまってるんでしょ?」
と頂いたのがこの本。はい。素晴らしくコンパクトに
まとまってて、話の筋やおおきな掴み方が端的。
流石寂聴先生!!
まあ、とっかかりとしてお勧めですが、よりとっかかり
易いのは「まろ、ん?」の漫画かな。
これは、光の君のど~しょうもないお子ちゃまなとこ
とか良く出てます(笑)
images-1.jpg



プロフィールの画像アップ出来ない問題。

取りあえずの見切り発車したブログですが、どうしても
フォトショップエレメンツで作成した自画像イラストが
アップできない(T^T)。。。
イラストをアップする為にブログに乗り換えたってのに
困ったもんです。
あらゆるパソ達人に声をかけてみてますが、こっちの
理解力がアレなもんで。。。
以前、フットサル仲間でやってたブログにはフォトショップで
描いた漫画を問題なくアップ出来てたのになあ。。。
エレメンツ君をきちんと理解してあげられないモモタが
悪いのでしょうが。
取りあえず、ここの記事部分にアップしてみますね。
ちなみに、モモタのiMac君にはプロフィール欄に
くっきりと映ってます。
ここに何やら能天気なモモタのイラストが現れてるか否か
教えていただけると嬉しいです。
どなたか、すみませんがコメント願います(何強制してる?:笑)
donma2.jpg

上の記事から半日たちましたっ!お騒がせいたしました。
。。。。すみません。皆さんに色々協力して頂きましたが
謎のまま(ああ)なんで、唯今、ちょっと忙しい状態(本当か?:笑)
になってきてますので、自画像イラストアップは努力目標と
して、取りあえず「裏猫」アップしておきます。
多分、モモタも下から見たらこのようなふくよかさん♪だと
思われます。ええ、敵前逃亡ぢやありません!。。。かも(笑)

水戸藩攻め。

1/10に、山藤章二の似顔絵塾の先輩の阪西明子さんの
展覧会@常陽資料館in水戸に行ってきました。
水戸まで、鈍行を乗り継ぎ2時間半!丁度、今更ながらの
浅田次郎「プリズンホテル3」を読み始めたので,往復で
読了。。。それはそれで良い旅♪と、思いきや、阪西さん
曰く「どうして東京の人って、日帰りで水戸に来るのに
お昼過ぎにゆっくり現れるのかしらん?水戸滞在が2~3
時間じゃあ、どこも連れていけやしない!」と、怒られ(笑)

で、展覧会!!!
なんと80点もの大型の作品(似顔絵塾ははがきサイズ
ですからね)には圧倒されましたよ。
松本人志
松本人志!

さかな君とdaigo
さかな君とdaigo。

こだまよしおとピン芸人
こだまよしおとピン芸人。。

思い切り良い筆遣いとキレのあるデフォルメ。
塾生の中では極めてオーソドックスな手法なんですが、
やはりその毒性は凄い(笑)そして、関西人としての
血のせいか、ユーモア感覚が素晴らしい。
癖玉の豪直球。男らしい(笑)
常陽資料館で似顔絵を描く坂西さん
似顔絵イベント中の阪西さん。子供をあやしつつ描く!!

おまけに、なんとお子様に限り3名様似顔絵描きの
イベントあり。自慢じゃありませんが、モモタは
人前では描けません(T^T)。。。凄ぜ兄貴!(笑)

大人を避けたとこは正解(笑)なんせ、男性はプライドが
高く、ナルティストばかりでして、似顔絵を描くと完全に
キレる輩多いですからね~~

似顔絵イベント中に、モモタは資料館見物。
常陽銀行の資料館(と、言っても凄く新しくて奇麗で
小洒落た美術館ですね)なので、貨幣の歴史や展物品が
一杯で、なかなか面白く、近辺の小学生が見学に来る
ってのも納得。フェイクの1億円の包みと千両箱の
「重さを調べてみましょう」コーナーあり。
ええ、持ち上げましたがなかなかどうして重い!
30×60×20センチくらいかな?一億。
ちなみに、千両箱の方が重かった。
そして、入り口近くの本物の「埋蔵金」のツボとお金。。。
涎たらして見てました。

粛々とイベントをこなした彼女と、県立近代美術館へ。
「大ナポレオン展」(笑)。。。。芸術的価値ちゅうより
歴史的に価値のある美術展かな。
ゴヤのエッチングとかは良かったけど。
ただ、この暗く友達のいなかった士官が革命の統制を
するってな超人的活躍と、その後とほほな皇帝になっちゃう
てな、あまりに人間的な弱さと複雑さにメチャ興味が
出ました。伝記読んでみたいな。





2008年の映画。

昨年見た映画は。。。ひえ~~59作!でした。
毎年漠然と見てたもんで、昨年は見た映画のみgoo映画
のサイトをプリントアウトしてノートに貼付けることに。
それだけでも、忘れなくて良かったかも♪
今年はできるだけ、このブログに感想をアップする予定です。

「カンナさん大成功です!」「人のセックスを笑うな」「スイニー
トッド」「全然大丈夫」「ラスト、コーション」「リアル鬼ごっこ」
「潜水服は蝶の夢を見る」「ガチ☆ボーイ」「エディット・ピアフ」
「トゥヤーの結婚」「アニー・リーボイッツ」「接吻」「草間弥生
わたし大好き」「4ヶ月、3週と2日」「アメリカン・ギャングスター」
「バンテージ・ポイント」「ダージリン急行」「燃えよ!ピンポン」
「ジェリーフィッシュ」「スルース」「魔法にかけられて」「ノー
カントリー」「悲しみが乾くまで」「うた魂♪」「フィクサー」
「非現実の王国で ヘンリー・ダーカーの謎」「ザ・フィースト」
「かつて、ノルマンジーで」「ゼア・ウイル・ビー・ブラッド」
「最高の人生の見つけ方」「ミスト」「チャーリー・ウイルソンズ
・ウォー」「僕の彼女はサイボーグ」「アフタースクール」
「ラストベカスをぶっつぶせ」「長谷川一夫 源氏物語」
「コロッサル・ユース」「イースタン・プロミス」「シークレット・
サンシャイン」「インディージョーンズ/クリスタル・スカルの
王国」「幻影師アイゼンハイム」「ぐるりのこと。」
「休暇」「クライマーズ・ハイ」「ザ・マジックアワー」
「ミラクル7号」「闇の子供たち」「デトロイト・メタル
・シティ」「セックス・アンド・ザ・シティ」「イキガミ」
「イン・トゥ・ザ・ワイルド」「落下の王国」「私が
クマにキレた理由」「イーグル・アイ」「ハッピー・
フライト」「ウォーリー」「ザ・ローリング・ストーンズ
シャイン・ア・ライト」「ファニー・ゲームUSA」。。。。疲れた(笑)
え?読むだけで疲れたか(笑)

しっかし雑食だなあ。B級もエロも格調高いのも何でもOKな
胃袋持ってます。この中から、お勧めを今年の鑑賞記録中にも
アップしていきますね。

追記。傑作の「アクロス・ザ・ユニバース」を忘れてました。
これを入れて60作かな。

ブログ道。

ブログって、簡単で難しい。
以前、HPをマックの達人に作ってもらったけど、まるで
混み入った編み物をするみたいで、細かで地道で
根気のいる作業に驚愕。年季の入ったアナログおばはんの
パソコンの達人への野望を打ち砕くには、横で見学してりゃ
あいいわぁ。
それに比べたら、ブログはなんて簡単!!なはずが。。。(笑)
いやはや、カウンタ設置2時間かけてもいいのでしょうか?
これじゃあ,仕事できないので、ボチボチやりますね。

F中央のリカちゃん


いきなりの、リカちゃん人形ですみません。
なんと我が母校の「F中央高校の創立110周年記念リカちゃん
人形」の販売がありまして(押し売りともいいますが)、モモタが
買わなくてだれが買う!?ってな男気を出して注文。
半年後の年末に届きました!!!ダサいひとつボタンのブレザー。
ハコヒダスカート。貝ボタンに白いソックス。黒髪のリカちゃん
が妙に清楚で素敵かも。




わお!初ブログ。

いやはや、初めてのブログです。HP歴は長いけど、自分で画像
更新出来なかったので、こちらに立ち上げてみました。
本当にアナログ人間も出来るんか?!
2009年早々に自分にハードルだ。
まずは、テキストのみですが、漫画や画像をビシバシ載
っける所存ですっ!(希望的観測)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。